13日間で「名文」を書けるようになる方法

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.06
  • (58)
  • (40)
  • (27)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 468
レビュー : 65
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022506337

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • PDF
    名文

  • まだ1日目を読んだばかりですが。
    問いかけられる感がとても素敵です。
    タイトルで引かずにぜひ中身を少し読んでみてもらえればと思う次第。
    本のタイトルでひっぱってくる人と、これを読んでぐっとくる人、これを読んでなにかを見出して実践していく人が、ずれまくりそうな気もします。

    ともあれ、自分としては
    出される課題を自分で実践してみた上で
    少しづつ読み進めてみようかと思います。
    講義を受けるみたいに。

    「名文」を書けるようになる必要性はそこまでないですが。。。
    おすすめです。

  • こんな授業,大学で受けたかったなぁと思う。
    けど,実は受けてた(受けられてた)のに気づけていなかっただけな気も。
    人生っていいかも,と思える本だった。今年の5冊に入るかも。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「実は受けてた(受けられてた)のに」
      明学の学生さんかぁ、、、私もチャンスが巡ってくるなら聴きに行きたいな。。。
      「実は受けてた(受けられてた)のに」
      明学の学生さんかぁ、、、私もチャンスが巡ってくるなら聴きに行きたいな。。。
      2012/09/12
  • 自己啓発

  • 4

  • 講義を書籍化したのが原因なのか、うまく理解できなかった。

    それにしてもAVとかア○ルとかストリップとか書いてある文章読本は本書だけでしょうね。

  •  明治学院大学における、13回に及ぶ「言語表現法」講義を本にまとめたもの。
     講義なので、先生としての高橋源一郎とその生徒たちの会話や、質疑応答も載せられている。
    「一億三千万人のための小説教室」の続編的な一冊になるのだろう。
     ここには、「名文」を書くための具体的な技術や方法は書かれてはいない。
     それに13日間で名文が書けると信じてこの本を手に取った訳でもない。
     高橋源一郎のファンであれば、そんな「ハゥ・トゥ本」ではないだろう、と手に取る前に気が付く。
     万が一、この本が「教則本」のコーナーに置かれていたら、そして高橋源一郎という作家を全く知らない人が手に取って、何かの間違いで「名文が書けるんだ、しかも13日間で!」と喜び勇んで購入してしまったら……激怒する人もいるだろう。
     でも、そんな何も知らないでこの本を購入した人でも、書かれていることをじっくりと読んでみれば、「いやいや、タイトルに偽りなしだな」と思える人も出てくるはず。
     さすがに13日間で、というのは難しいだろうが、ここに書かれていることを熟考し、実践していけば、「自分のコトバで書かれた名文」は書けるのだ、と信じることが出来る。
     ここには、「コトバ」に対する考察が、予想以上に感動的な内容として、書かれている。
     こんな講義だったら、僕もぜひ受けてみたい。

  • この本を読んで良かったことはいっぱいあるけれど

    スーザンソンタグの言葉に出会えたことが一番よかった

  • 【閲覧係より】
    明治学院大学で実際に行われていた講義録。学生と共に文章を読み、学生の書いた文章を考える。小説からラブレターや履歴書まで、様々な文章をゲンちゃん流に読み込んでいきます。
    -------------------------------------
    所在番号:816||タカ
    資料番号:10212648
    -------------------------------------

  • 読んでいて、嬉しい気持ちになる一冊でした。
    高橋 源一郎さんの講義、参加してみたいなあ。

    フリースタイルな大学講義形式で進む本です。
    教材、課題宿題、発表、そして先生のスピーチ。

    普通の文章教室ではとりあげられないような教材(例:日本国憲法など)

    好奇心と挑戦意欲を爆発させられるような課題(例:記憶が一日しかもたない人になって日記をかく)

    やたら国語力の高い生徒さん達の素敵な発表(例:サザエさんのキャラを使って国家理念を解説する試み)

    そして授業を締める、先生の優しくて暖かくてユーモラスなスピーチ。
    このスピーチを聞くと、新しい角度で文章を捉えられるようになります。
    先生の弁論の内容だけだと、この本は自己啓発本に属するぐらい、
    自分の中に新感覚を芽生えさせられる!

    赤ペンを入れないで、個人の文章を伸ばそうとする先生の、
    のびのびとした授業風景に心癒されます。
    学び舎、優秀な生徒たち、人間的魅力に溢れる講師、
    それらが揃ったときに流れるあの、穏やかな空気感にうっとりした。

    読んでて、限りなく幸せだった。

全65件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1951年、広島県生まれ。81年『さようなら、ギャングたち』で群像新人賞優秀作を受賞しデビュー。『優雅で感傷的な日本野球』で三島賞、『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎賞を受賞。

「2018年 『作家と楽しむ古典 土左日記 堤中納言物語 枕草子 方丈記 徒然草』 で使われていた紹介文から引用しています。」

13日間で「名文」を書けるようになる方法のその他の作品

高橋源一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高橋 源一郎
村上 春樹
阿部 和重
有効な右矢印 無効な右矢印

13日間で「名文」を書けるようになる方法を本棚に登録しているひと

ツイートする