シネマ21 青山真治映画論+α集成2001-2010

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022506948

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2-3 映画論

  • パラパラめくりながら、気になったところを読む。
    映画評論というのは、映画が好きなものしか読めない。
    読んでも情報がリンクしない。
    だけれど、映画好きには映画評論ほど面白い書物はない。

    というのは、映画評論の楽しみ方は
    自分の中にどれだけ「映画鑑賞データベース」を持っているかに
    かかっているからである。

    ゴダールを見たことがない人にはゴダールを語れない。
    ゴダールを見たことのある人にしかゴダールを語れない。

    当たり前のことだが、それが全てである。
    ゴダールを見たことのある人であれば、
    いいたいことは山のようにあるだろう。

    映画というものはなんなのか、
    これが映画なのか。

    英語では「movie」「cinema」で意味がことなるというが、
    この両方をこの本は取り扱っている。
    映画好きなら問題ないけど、
    映画がすきじゃないければ、ちんぷんかんぷんだろうな。

全2件中 1 - 2件を表示

青山真治の作品

ツイートする