監察医が書いた死体の教科書 「8何の原則」が謎を解く

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.25
  • (2)
  • (9)
  • (7)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 97
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022506955

作品紹介・あらすじ

名監察医が初めて明かす死体の正しい見方とは!著者の2万体の検死結果がすべてつまった人体を解き明かす決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文章が少し読みづらい。

  • [作品]
    2010年。朝日新聞出版。

    元東京都監察医務医院院長
    ベストセラー「死体は語る」著者 上野正彦

    [感想]
    本書は東京で30年間監察医を勤めた著者が語る、検死における「8何の原則」

    1.いつ(時間)
    2.どこで(場所)
    3.誰が(犯人)
    4.誰と(共犯)
    5.何ゆえ(動機)
    6.誰にたいして(被害者)
    7.いかにして(方法)
    8.いかにした(結果)

    を、具体的な検死例を挙げながら一章ごとに解説する著書である。本書で書かれている病死でない場合の人の死に存在する背景は、不謹慎ではあるのだがやはりとても刺激的で面白く感じた。

    弁慶の立往生に存在する科学的理由、バラバラ殺人の犯人には実は女性が多い、事故死と病死によって生じる保険金問題、そして検死のプロである著者自身がその犯人像を全く予想することができなかった酒鬼薔薇事件の話など、どれも興味深く楽しんで読むことができた。

    推理小説やミステリーなどが好きな人は気に入る一冊かもしれない。しかし、往来で本書を読んだり、人を選ばず「この本が面白い!」と吹聴していると犯罪者予備軍扱いされかねないので注意が必要。

  • 死体を見分する時の8何の原則を
    実例を交えながら、説明しているという……
    著者曰く集大成の本とのことだが
    うーむ、基本の基本ということで、それだけ。

  • 土曜ワイド劇場の裏側を読んでいるようなそんな感じ。

    リアルで監察医の執筆したものを読むのは面白かった。

  • いつ(時間)
    どこで(場所)
    誰が(犯人)
    誰と(共犯)
    何ゆえに(動機)
    誰に対して(被害者)
    いかにして(方法)いかにした(結果)
    「8何の原則」

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1929年生まれ。医学博士。元東京都監察医務院院長。59年、東京都監察医務院監察医となり、84年に同院長に就任。89年に退官後は法医学評論家として執筆、テレビ出演など幅広く活躍。

「2018年 『死体が教えてくれたこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

監察医が書いた死体の教科書 「8何の原則」が謎を解くのその他の作品

上野正彦の作品

監察医が書いた死体の教科書 「8何の原則」が謎を解くを本棚に登録しているひと

ツイートする