叛逆の時を生きて

  • 18人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 臼井敏男
  • 朝日新聞出版 (2010年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022507075

叛逆の時を生きての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 60年代末学生運動の群像。元朝日新聞連載記事。菅直人とか仙石由人とかの記事もあったから買ってみた。猪瀬直樹、秋田明大、最首悟、宮崎学のような有名どころから割りと一般の人まで。当時の経験がいまどのように繋がっているのか。当時の立場もバラバラな人たちが登場してるのでいろんな視点からみれておもしろい。やはり少しは憧れてしまう。「東大闘争から地域医療へ」という本の存在を知れたのは大きい♪

  • 若い時のエネルギー、自由への欲求。ランボー、ゴダール。社会への違和感。立身出世でなく、地域の現場で志を持ってやっていくこと。

  • その時代に何があったのか、を知りたくて買った本。

全3件中 1 - 3件を表示

臼井敏男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

叛逆の時を生きてはこんな本です

ツイートする