京都の御所と離宮① 京都御所 (京都の御所と離宮 1)

著者 :
制作 : 三好和義 
  • 朝日新聞出版
4.11
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022507129

作品紹介・あらすじ

一般参観では見ることのできない紫宸殿や清涼殿の御簾の内側、天皇や皇后・宮様の私的な住まい、遣水の流れる美しい庭園など、京都御所の隅々までを紹介。歴史的背景や魅力に迫る詳細な解説付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 写真がすごく鮮明で綺麗。
    春の特別公開のとき京都御所を見に行ったが、その時には見られなかったような内部からの写真なども多くて満足です。

  • すばらしい。官能的な楽園としての御所に快哉。さすがは世界各地の南の島やホテルや温泉旅館を味わいつくした男の写真だと、一枚一枚に唸らされる説得力がある。

  • ISBN-13: 978-4022507129

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1958年徳島市生まれ。中学生の時に本格的に写真を始め、16歳の時二科展入選、17歳の時には銀座ニコンサロンで個展を開催。どちらも「最年少」と話題を呼ぶ。27歳の時に、初めて出版した写真集『RAKUEN』で木村伊兵衛賞を受賞。当時の最年少記録。以降、写真集を60冊以上出版。国宝の仏像を多く撮り集めた写真集『極楽園』や『京都の御所や離宮』などを発表。伊勢神宮「式年遷宮」撮影のために数年にわたり伊勢に居住。銀座・和光にて写真展を開催、作品を奉納した。東大寺の近隣に居を構え、今回の写真展、写真集のための撮影を行った。

「2018年 『天平の楽園 東大寺』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三好和義の作品

ツイートする