オーディンの鴉

著者 : 福田和代
  • 朝日新聞出版 (2010年4月7日発売)
3.59
  • (19)
  • (77)
  • (63)
  • (12)
  • (1)
  • 本棚登録 :340
  • レビュー :85
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022507341

作品紹介

「私は恐ろしい」。不可解な遺書を残し、閣僚入り間近の国会議員・矢島誠一は、東京地検による家宅捜索を前に謎の自殺を遂げた。真相を追う特捜部の湯浅と安見は、ネット上に溢れる矢島を誹謗する写真や動画、そして、決して他人が知り得るはずのない、彼の詳細な行動の記録を目にする。匿名の人間たちによる底知れぬ悪意に戦慄を覚える二人だが、ついに彼らにも差出人不明の封筒が届きはじめる…。スケールの大きなクライシスノベルを得意とする作者が挑んだインターネット社会の"闇"。

オーディンの鴉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東京地検特捜部の家宅捜査が予定された朝に、代議士が自殺をした。彼の個人情報が大量にネットに流失されていたことを知り、真相を調べ始めた特捜部の検事湯浅と安見。やがて、魔の手は、二人にも伸びてくる。

    最近では、更なるTwitterの広がりにより、もっと身近になった個人情報の流失問題。
    どんな些細なことでも、あっという間に広がる事実に、驚かされることもたびたびです。
    たった数年前のお話なのに、既に古臭い感じがするのは、現在もの凄いスピードでSNSなどが広まっているからなのでしょうか。そのせいか、今ひとつ入り込めなかったのは残念でした。

    検察だけでなく、国家権力の中に、オーディンの鴉が存在するかもという終わり方に、空恐ろしいものを感じました。

  • クレジットカードやメールやネットから
    個人情報が漏れる?

    まぁ実際漏れてないんでしょうが、誰かが
    その気になったらココまで個人の中身まで
    晒されてしまうもんなのか。

    普通に怖い!
    と思いながら一気読み。

    面白かったーヽ(´∀`*)ノ

  • それこそ私は安見さんのような人間で
    何でも手を出して比べたり試したりしているので
    出てくる単語全てが身近で
    だからこそネットという世界の複雑さが怖いと思った
    それこそネットを利用している人は
    色んな意味で楽しめるんじゃないかと思ったし
    ぜひ一読して欲しい本だなと思った

  • もし自分に関係する全てのデジタルデータを自由に見ることができる者がいたら…

    ミステリーとして、とてもテンポよく話が進められていて読みやすい。
    また、twitterやニコニコ動画などの実際に存在するWebサービスや技術が登場していて、それらの使い方や技術的な裏付けがほぼ正しいことがこの小説の面白さになっている。

    実際に自分のデジタルデータが全て盗聴されていて、突然「オーディンの鴉」から連絡が来たら怖い。そんな世の中が来ないことを祈る。

  • 個人情報の流出も怖いが、それ以上にネット社会での安直な広がりの方が怖いと思った

  • 本当にありそうで怖いセキュリティサスペンス。続編ができたらまた読んでみたい。

  • 今時の内容で、おもしろかった。
    実際には、個人情報はこんなに流出はしていないのだろうが、多分にあり得るだろうことは予測されるだけに、それだけでも想像がかき立てられおもしろかった。
    情報は使い方により、善にも悪にもなり得ることがわかり、個人それぞれが注意すると同時に、何らかの規制を考えなければならないと思われる。

    内容としては、終わり方というか、最後の詰めに向かう部分が、今までの経過から、ちょっと安直かな(携帯からの送信が今までの情報の把握から見ると、容易に突き止められるのでは?)と思ったが、それは一つの結論として受け入れられるので、まあ良しとしよう。

    終わり方から、続編も期待できる内容となっているので、今度は善の方の情報利用を期待したい。

  • 2010/06/03:初福田和代氏作品。個人情報ハッキングもので話の流れはベタですが、現在日本でよく使われている身近なインターネットサービスの名前があちらこちらに効果的に出てくるため、リアリティがあって引き込まれました。もし自分が巻き込まれたらと思うと怖くなります。欲をいえば、もっとそれらのサービスを生かした展開だったらとは思いましたが、手堅くまとまっていて十分面白かったです。

  • ネットも使い方次第で怖い。
    「オーディンの鴉」なる組織に振り回される人々のストーリー。
    実際の犯罪は内部犯だろうなと予想がつくのと素人ながらハッカー紛いの人物が出てくるのはお約束かな。
    ただし、映画やドラマに出てくるようなスーパーハッカーはほとんどいないと説明までつけてあるのにワロタ(笑)
    冒頭からグイグイ引き込まれて一気読み。面白かった(≧∇≦)b

  • レビューし忘れてたのを、遅れて入力(2015.09.30)。

    一年以上前の読了。
    さすがに記憶も薄れたか。物語の大筋と、結末の“仕掛け”は印象に残っているも、登場人物名などは全くに失念。主人公さえも(笑)。

    反面、“残る”作品というのは何年経っても強く残り続けるよね。
    たとえ細部は忘れても。

    本作も十分に面白かったけれど、自分にとって“残り続ける”作品であるわけでではない、と気づいた。

    ある意味でのテロリスト

全85件中 1 - 10件を表示

オーディンの鴉のその他の作品

福田和代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

オーディンの鴉を本棚に登録しているひと

ツイートする