ツレはパパ3年生

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.61
  • (7)
  • (15)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 122
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022507501

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/11/13読了

    「ツレパパ」続編。
    歩く、喋るができるようになった子供は強い。
    発熱のときや役所での対応や、、、
    育児する父親、コミュニティ、子供を育てるだけではなく、子供に大人が育てられる
    というのを意識するエピソードが多かった。

  • ゆるーく、ツレウツのその後が解る本。ツレさん、やっぱり時々イーってなるんだ、とか主夫の様子とか。我が家も似たようなものなのですごくホッとしました。

  • ちーとくんもうすぐ2才。言葉を覚えはじめます。熱を出したり、脱走したり、夜中にずんずん迫ってきたり…元気爆発。おしゃぶり卒業、いただきますのしつけ、言葉と物の一致。たくさんの成長もみられます。大変そうだけど、コミニュケーションがとれて楽しそう!検診での保健師さんの普通は〜なんですよと言われ、ぐさっとくるシーンは共感…。みんな迷いながら育てているんだなー。気になるよねー。と励まされました。

  • 2012.10

  • ちーとくんも大きくなったなぁ。マイペースに子育てするこの夫婦を見るとなんだか和む。自分とは全然違うからみていて面白い。息抜きしたいときに読んでしまう。

  • ちーと君とパパ&ハハの成長を描くエッセイコミックです(^^)/
    ちーと君が大きくなった時…このシリーズを読めば、自分の成長の過程がよく分かるし、ご両親の愛情もリアルに感じられるでしょうね♪
    だけど世間の人が自分のことを知ってるのって、ちょっと恥ずかしいかな??
    幼少期を知るご近所のおじさん、おばさんがいっぱいいる…みたいな感じ(^^ゞ

  • 2011.4.2 市立図書館

    ツレパパももう終わりなんだ~。
    ちーとくんの成長がおもしろかったなぁ。

  • ツレパパシリーズもこれが完結編なのですね
    ちーとくん、千歳っていうんだホントはねっ♪

    2歳にもなると保育園に行ったり、おじいちゃんおばあちゃんのうちに行ったり、色んな事をどんどん吸収していくんだね~

    しかし、てんさんったら世の中のご主人みたいにホントに家事も育児もあんまりやってない印象^_^;
    ツレさんは家で仕事もしつつ育児も一手に引き受けて大変だなぁ
    うまくバランスよく協力し合ってやっていくのはやっぱり難しいのかなぁ
    つぎは「うちの家族シリーズ」が出るらしい。

  • ちーと君もいよいよ2歳となり、言葉を覚え、家をコッソリ抜け出したりとますます元気いっぱい! ツレさんも子育てにも慣れ、ますますスーパー主夫道をまい進中。アエラネットで好評連載「ツレパパ」シリーズの堂々完結編!!

  • おもしろい。子育て中の方は、是非読んでみるべし。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

細川貂々(ほそかわ・てんてん)
1969年生まれ。セツ・モードセミナー出身。漫画家・イラストレーター。1996年、集英社『ぶ?けDX』にてデビュー。パートナーの闘病を描いたコミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』『イグアナの嫁』シリーズ(幻冬舎)は映画化、ドラマ化もされた著作。男親中心の育児を描いた『ツレパパ』シリーズ(朝日新聞出版)、自身の職業遍歴を描いた『どーすんの私』シリーズ(小学館)なども出版。また、母娘問題に切り込んだ『それでも母が大好きです』(朝日新聞出版)や、人生観の宝庫である落語を掘り下げた『お多福来い来い』(小学館)を上梓している。

「2018年 『生きづらい毎日に それでいい。実践ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツレはパパ3年生のその他の作品

細川貂々の作品

ツイートする