柚子の花咲く

著者 : 葉室麟
  • 朝日新聞出版 (2010年6月4日発売)
3.69
  • (14)
  • (34)
  • (27)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :163
  • レビュー :35
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022507532

作品紹介

恩師殺害の真相を探るべく若き日坂藩士・筒井恭平は隣藩への決死の潜入を試みる-魂を揺さぶる感動の長篇時代小説。

柚子の花咲くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めての葉室作品。時代小説だから言ったら元も子もない女性の立場の弱さや身分の上下関係に、歯噛みしながらの読書。ミステリー色が強いストーリー自体よりも、むしろ一つ一つの言葉が自分の心に降り積もっていくような感じがしました。「たとえ身についた泥があったとしても、自らの心で洗い流すことはできるはずです」「自分を嫌うことは、自分を大切に思ってくれる人の心を大事にしないことになる」などなど。村塾での子どもたちが出てくるラストシーンは、胸が熱くなりました。人を大切にできるのは、人なんだな。

  • このところ作品を良く目にする機会が多く
    気になっていた作家さん。初読です。
    もっと号泣するくらいに泣けるのかと思っていた
    んですがそれは叶わず。でも、大袈裟な表現では
    ないながらも、しっかりと、そして誠実な文章で
    読み易く、分かり易く、時代小説が苦手な方でも
    すんなり入っていける作風。

    友とは、師弟とは、教えるという事、学ぶという事、
    そして愛するという事...当たり前に大切な事が
    当たり前に書かれています。単純な行動原理に
    基づいて考え、動く主人公の「恭平」は決して
    派手な存在ではなく、我々と同じ等身大の人間と
    して描かれているところが、何かを与えてくれる。

    もしかしたらまた一人好きな時代小説作家さんが
    出来たかもしれない。

  • 図書館でタイトル借り。
    たまたま出会った作品だけど、出会えてよかった‼
    桃栗三年、柿八年、柚子は九年で花が咲く

  • 2015年12月20日に開催されたビブリオバトルinいこまで発表された本です。テーマは「ささるセリフ」。

  • 葉室さん作品初読。
    与五郎先生と琴さんを添い遂げさせたかったな~、と思います。

  • 葉室麟さんの作品をしばらく読み進めている。

    この作品は、武士の刀を用いた斬り合いなどの戦いのようなものは少なく、人情的な要素を濃く描いており、武士の心情だけでなく、その周囲の人物なども描いている。

    「武士の生き様」(といっても、その定義のようなものはわからないが)が、すんなり入ってき、また、人それぞれに抱える複雑な想いが、話の筋とともに絡まっていると思う。

    まだまだ読んだ本は少ないが、葉室麟さんの作品の中で、好きな部類に入る。

  • 江戸時代の地方藩を舞台にしたミステリーもの。軽く読める、と言うかちと軽すぎのきらいあり。

  • 一緒に暮らせなくとも、わたしのことを大切に思ってくれるひとがいる。だから、自分を嫌ってはいけないのだ。それは自分を大切に思うひとの心を大事にしないことになるから、自分をを嫌うことは自分を大切に思ってくれるひとの心を大事にしないことになる。

  • 自我妄執にとらわれた男たちの悪行が禍を呼び終盤にかけて正体を現す、、。"ひとはひとを大切にせねばならぬ"…青葉堂村塾の師の教えは脈々と受け継がれる。丹精込めて育てられた幼き花弁、淑やかな花弁をはじめ、一斉に開く真面目に働く柚子の花々の咲き様が飾るラストには、思わずホロッとさせられてしまった。

  • この小説は情あり、愛惜あり、波乱万丈 映画にしたらよいと思うが

全35件中 1 - 10件を表示

柚子の花咲くのその他の作品

柚子の花咲く Kindle版 柚子の花咲く 葉室麟

葉室麟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする