オチビサン 3巻

著者 :
制作 : リチャード・バーガー 
  • 朝日新聞出版
4.13
  • (18)
  • (15)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 173
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022507723

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (職場の本棚より)
    新聞の切り抜きがたくさんとってあるけど、本にまとまったものもバイリンガルになって造本にいろいろな工夫があってほしくなる。オチビサンの世界はやっぱりいいなぁ。

  • 今のところ3巻がいちばん好き。なんとなく手抜きな気はするけど…。毎月の頭の頁が、その季節の題材が書かれた文章の引用なのもいい。

  • 儚さとは、つまりこういうことなのだ。

  • バレンタインの最後のコマのパンくいがかわゆし

  • 図書館から
    三巻で特に心に残ったお話は、こどもにかえる日/向こう側のオチビサン/梅を漬ける/祭り囃子/ナゼニの葛藤/夏の夕暮れ/じゃれるジャック/つりごっこ/チョコレートへの愛を告白/冬のちいさな太陽でした。

    そして、三巻目にして気付くのが、オチビサンは 夏の儚さがうまく表れているな…ということ。また、文字が一切無いストーリーでも テンポよく展開されていて、おもしろいという点です。特に梅を漬ける回では、海で遭難・発見までに至ったお話(一巻)を思い出さずにはいられず。

    相も変わらず
    微笑ましくなる一冊です。

  • 毎週、新聞紙上でも読んでます。懐かしさと哀愁、寂寥感がうまくミックスされています。そのせいか、さりげない日本の美しさがよく表現されていると思います。イラストのかわいさの中にちりばめられた言葉の使い方も絶妙で、間を読むのが愉しいです。

  • リアルタイムで毎週日曜に読むことができなくなったのは寂しいことだ ふわふわとしたお話の中に混じる寂寥の割合が好き

  • 本当に素敵な感性を持ってる!!
    子供の頃感じたような素朴な心で日本の美しさを拾っていて素敵です。
    さりげない言葉に心の深いところが揺さぶられます。
    好きです。大好き!

  • 毎週新聞紙上でも読んでますが、単行本もかかさず買ってます。
    可愛くて楽しいんだけど、ちょっと哀愁もあって、
    そんなところも好き。
    オチビサンって一人暮らしで、
    お父さんがどこか遠くで左官屋さんしてるんだよね。

  • 1・2巻を購読しているので新刊!と思って購入。
    とっても好きなシリーズで、日本の季節の楽しみ方みたいな本。
    オチビサンがまずすごい可愛くていい子なのが良い。
    こういう風に時間や季節を楽しめるようになりたいなぁ。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九七一年三月二六日、東京都生まれ。漫画家。『シュガシュガルーン』で第二九回講談社漫画賞を受賞。著作に『ハッピー・マニア』『さくらん』『働きマン』『鼻下長紳士回顧録』『オチビサン』、エッセイ集「美人画報」シリーズ、『くいいじ』などがある。

「2018年 『黒い炎 黒い炎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オチビサン 3巻のその他の作品

オチビサン 3巻 Kindle版 オチビサン 3巻 安野モヨコ

安野モヨコの作品

オチビサン 3巻を本棚に登録しているひと

ツイートする