いちばんおいしい日本茶のいれかた

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.38
  • (1)
  • (7)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022507822

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お茶、はじめたいなと思って。
    以前にジャケ買いしたものを読んでみた。
    お茶を入れた後の茶葉の利用法まで書いてあったことに驚く。
    ただの洒落た本ではないところが素敵。
    凛とした雰囲気が全体にあって、文章にも無駄がない。
    良い本だと思う。
    お茶って、和菓子って、日本っていいなぁ。落ち着くなぁとしみじみ。

  • のどかな和室でのんびりとただ静かに美味しいお茶を飲みたい、そんな本でした。美味しいお茶をちゃんと認識できるのかは非常に怪しいところではありますが、こういう風に飲んでみたいと思った次第です。まずはお茶っ葉を買ってくるところからです。

  • 柳本さんの本だ!ちっちゃな暮らし、ちっちゃな食器、ままごとみたいで見てるとほんと可愛い

  • 写真集ではないのだけれど、どの写真も素敵♪

  • 東京の神楽坂にある和カフェ、「茜や」さんの本。
    「日本茶インストラクター(茶ムリエ)のいる日本茶カフェ」という珍しいお店。一度は足を運びたいものです。

    本も丁寧なつくりで、好感が持てる。

    抹茶とお水をシェーカーにいれて振る抹茶ドリンクも、老舗のお茶屋さんで教わったものだそう。老舗「松北園」のサイトにも作り方があるので、こちらさんかも知れませんね。
    http://www.shohokuen.net/knowledge/howto2.html

  • 2010年12月
    川口市立図書館で借りて読みました。

  • iPhoneから送信

  • 何を飲みますか?と聞かれると「お茶をお願いします」と答えるお茶好きです。いままでも何冊か日本茶の本を読みましたが、この本は肩肘張ってなくて好い感じです。実は、紹介されていた入れ方は、今まで私が入れてきた方法より、若干時間が短めでした。この本のお勧めの入れ方はお茶の色が「うす黄色」になる入れ方です。「旨味のしっかち凝縮されたお茶の色」だそうです。本の指示に従って早速お茶を入れて飲んでみました。これはこれで、美味しいなぁと素直に思いました。(ちょっと苦みの利いた緑色のお茶も私は好きです。)この本はお茶の入れ方の他に、小道具やお菓子の作り方までのってます。砂時計(団子3兄弟みたいな感じのやつ)が気に入りました。同じのを買おうかと思いamazonで調べましたが、「品切れ」で「入荷未定」でした。残念。お茶好きを自認する方は、是非一度お手にとられたら如何でしょうか。

  • いろんなお茶の淹れ方が紹介されていて、
    実際試してみると、ほんのひと手間が大切なのだなぁと実感。
    こういうお店が近くにあったら・・・きっと通っちゃうだろうな。
    本自体はすこし薄めなので、カフェに持っていって
    お茶を飲みながら読むのにちょうどいい感じです。

全11件中 1 - 10件を表示

いちばんおいしい日本茶のいれかたのその他の作品

柳本あかねの作品

ツイートする