婢伝五稜郭

著者 : 佐々木譲
  • 朝日新聞出版 (2011年1月7日発売)
3.50
  • (2)
  • (7)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :65
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022508041

婢伝五稜郭の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 榎本武揚がどのような共和国を目指していたのか
    明治という時代は、野蛮な惨殺があって作られた時代で
    それは、いま見ている八重の桜でも感じること
    その中で、目の前で理不尽な状況で愛する人を殺された志野の
    苦しい気持ちと、復習の強い意志が、おそろしいくらい
    歴史的事実も興味深く
    途中でなかなか本を閉じることが出来なかった
    佐々木譲さんの小説、やっぱり面白いな

  • 佐々木譲は警察物が好きだな…

  • 「五稜郭」三部作完結編とのこと。
    個人的には『武揚伝』の続編のように感じた。
    女性ながら、官軍の非道さに戦いを挑む、志乃の凛々しさ。
    その行く末が気になり、読む手が止まらない。
    ルールも大義もない、京都政権のやり口。
    改めて、エゾ共和国が存続していれば、と思ってしまう。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-803d.html

  • 榎本軍が敗れた後の函館が舞台。時代に翻弄される看護婦の芯の強い生き方が、物語を面白くしてくれる。アイヌと和人の関係、当時の蝦夷地の状況など、興味深い。

  • たんたんとしながらハードボイルドな女性を描いた、もう一つの五稜郭伝。面白かったです

  • 筆者の時代小説は初めて読んだ。
    警察小説のような重厚さと比べると物足りなさも感じるが、読後感は良かった

全8件中 1 - 8件を表示

婢伝五稜郭のその他の作品

婢伝五稜郭 (朝日文庫) 文庫 婢伝五稜郭 (朝日文庫) 佐々木譲

佐々木譲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅田 次郎
佐々木 譲
和田 竜
佐々木 譲
佐々木 譲
東野 圭吾
村上 春樹
池井戸 潤
佐々木 譲
佐々木 譲
三浦 しをん
佐々木 譲
佐々木 譲
東野 圭吾
冲方 丁
池井戸 潤
村上 春樹
佐々木 譲
有効な右矢印 無効な右矢印

婢伝五稜郭はこんな本です

ツイートする