余命18日をどう生きるか

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.42
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022508133

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 11/04月

    なかなか考えづらい視点だけど
    改めて考えてみることも重要なのかも。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「なかなか考えづらい」
      田村恵子看護師の回は見ましたが、、、辛かったです。
      http://www.nhk.or.jp/professiona...
      「なかなか考えづらい」
      田村恵子看護師の回は見ましたが、、、辛かったです。
      http://www.nhk.or.jp/professional/2008/0624/index.html
      2012/08/24
  • 今を生きる、死ぬまで生き抜く。

  • 読み進めにくい。

  • ライフワークバランスなんて言ってないで、がむしゃらに働いてみたい。
    優しさと強さを持つ人っていうのは田村さんみたいな人のことを言うんだな

  • 2015/2/5

  • なんかタイトルが割とリアルな感じなんだけど、
    内容は哲学的な感じで、思ったより、実例エピソードが少なかっ
    た。
    作者の体験の、死人がよみがえった話はちょっとおもしろかった。

  • 「自分が余命18日と言われたらどうするのだろうか。」
    図書館で,このタイトルに惹かれ,ページをめくってみました。

    日常で,「死」と向き合うことはそう頻繁に起こることではありません。私自身,今まで身近に経験した死といえば,曽祖母,祖父,バイトの店長,友人,先生,同期など,まだ両手で数えきれる範囲です。しかし,この作者の勤務先のホスピスにおいては,1年や半年などではない単位で「死」を目の前にしている状況です。

    怖くないんだろうか。死に恐怖しかもっていなかった私は,死と向き合うのが怖くて,いつも考えないようにしていました。

    でも,この本の中で,「患者さんは病気に向き合い,家族に向き合い,人生に向き合い,最後の最後まで生き抜き,生き切ることをなさっています。死を「待っている」のではなく,死に向けての人生の終幕を懸命に「生きている」のです。」とあり,考えが少し変わりました。


    死を待っているのではなく,


    今を生きる。


    今,私は生きていて,特に病気もなく,五体満足な状態で。
    でも,もしかしたら明日事故にあうかもしれなくて,明日はだれにもわからなくて。

    病気になったり,死が突然目の前に来たりする時に見えるものっていっぱいあると思うけど,それまでに,この本を読んで,先に少し考えることができてよかったなって思いました。

    今後も後悔のないように生きなければ。

    ホスピスで働いている作者がそこで向き合っている「死」に向き合うことのヒントを教えてくれた本です。
    私は,この本で,「死」に少しふれ,見えない恐怖が少しなくなった気がしました。
    また,忘れたころに読みたいなと思います。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 臨床看護学講座緩和ケア・老年看護学分野 教授

「2017年 『緩和ケア教育テキスト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田村恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・D...
リンダ グラット...
シェル・シルヴァ...
大野 更紗
三浦 しをん
中島 京子
沼田 まほかる
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする