ツレと貂々、うつの先生に会いに行く

  • 朝日新聞出版 (2011年3月18日発売)
3.77
  • (22)
  • (32)
  • (30)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :215
  • レビュー :44
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022508430

ツレと貂々、うつの先生に会いに行くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うつ病のメカニズムから病気の治りかけ・再発防止などの方法が、マンガで分かりやすく描かれています。

  • 今までいろいろなうつ病の本を読んできたけれども、基本的なことで書いてなかったことが書いてありました。
    たとえば、うつ病患者が困った性格になるのは、「つらい・キライだという気持ちを抑えるのにはエネルギーがいる」→「うつのときはエネルギーが減るので自分の気持ちをコントロールできない」→「わがままに見えてしまう」という点など。他にも新型うつに対しても、表現方法が若い世代は違うからこそおこるだけで、辛さは変わらない、という点なども。
    何気なく読んだんですが、これは身近な人にうつを理解してもらうために読んでもらうのに適していると思います。

  • 2017/09/30読了

    いろんな鬱の本を読んできたけれど
    この本が一番わかりやすいです。
    どう接したらいいか、どう向き合えばいいか
    そもそもうつとは何モノなのか。
    色んなメカニズムや対処方法はあるでしょうが、シンプルに書かれているからこそ、入ってきやすく読みやすい。

  • 2004年にシリーズが発売されてからかなり経ちました.
    認知行動療法で有名な大野裕先生との共著.鬱についての理解を深めるための入門書として,とても読みやすいものになっています.

  • うつになったツレとそれを支えた貂々があらためて、今も分からない「うつ」の謎に迫るため、専門家である大野先生に会いに行った! 「うつ」のこと、楽しく生きるコツをマンガで紹介する。

    こんなにシンプルにみんなも考えてくれたらうつの人も少しは生きやすくなるのにね。

  • #読書開始
    ・2016/6/3
    #読了日
    ・2016/6/3
    #経緯・目的
    ・親から渡されたので読む。
    #達成、感想
    ・大野先生の本を読み、認知療法に取り組んでいるため、その初期段階として漫画になっていることは良かった。また、大野先生への信頼度が増した。
    #オススメ
    ・鬱病の方、周囲にそういう方がいらっしゃる方にオススメ。もちろん、調子が良くなければ手に取ることもできないと思うので、気が向けばで良いと思う。

  • 求む!この本に出てくる医師!

  • 2015.7.2

  • ツレさんの自分も希死念慮があった時があって、その理由が体調不良状態から逃げたいからだったんだと思う。という言葉にすごく救われた。
    自分と同じ人がいるんだと。
    決してうつを性格のせいとせず、大野先生独特の優しい表現と著者のほんわかした漫画で本当に心が安らぐ本。
    気持ちが落ちた時に読みたい。買いたいな。

  • どんなうつ病の本よりも、すごくわかりやすくてよかった。

全44件中 1 - 10件を表示

大野裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大野 更紗
三浦 しをん
有川 浩
東野 圭吾
夏川 草介
湊 かなえ
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ツレと貂々、うつの先生に会いに行くを本棚に登録しているひと

ツイートする