蜷川ファミリー

著者 : 蜷川宏子
  • 朝日新聞出版 (2011年9月20日発売)
3.27
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • 31人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022508485

蜷川ファミリーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 偉大なお父さんの娘は窮屈なのではないかと思って読めば、
    蜷川ファミリーとっても仲良し。

    灰皿を投げつけるという怖〜いイメージのある
    蜷川幸雄さんも、娘や孫の前では形無しのようで、
    そのギャップに笑ってしまった。

    そして、そんなアダムスファミリーを支えている
    お母さんは、肝っ玉母ちゃんというわけでもなく、
    味のある素敵なお母さんでした。

  • 環境ってすごく大きい。

    いつか自分も自分の子供と同じ人として色んなことを話せたらどんなに幸せだろう。

    家族って絶対的な宝物。

  • なかなかよかった(^^)
    ちょっとまなんだ。
    素敵なファミリーだなぁ。

  • 世間の目を気にせず、自分で決めた道を突き進むことは、大変なことだし、大きな責任を伴うこと。
    それぞれが自分の人生を引き受け、自立した存在だから、あの家族は素晴らしいんだと思う。

    自分がどれだけ色んな固定概念に縛れているか。

全4件中 1 - 4件を表示

蜷川宏子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

蜷川ファミリーはこんな本です

ツイートする