よく遊びよく遊べ 隠居大学

制作 : 天野祐吉 
  • 朝日新聞出版
3.45
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022508607

作品紹介・あらすじ

原始、「隠居」は遊びの達人だった。若いモンの憧れだった。遊びの達人6氏が、オモシロキビシク、いい加減精神の真髄を語り明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 隠居は、まさに覚悟がいることが分かった。気楽に仕事をしたほうが良いかも知れない。

  • 楽しい隠居暮らしとは。お金も、時間もあるリタイヤ後のlifestyleを詩人や物書きが語る。 RADIO番組を起こしたものだから、ちょっと文章にするのも味わいが減少してしまう感はあるが、今の楽しい生活を、やっぱり老後もやっていれたらいいなあなんて思う。父親、母親が今年還暦を迎える。趣味もない父、子育て一筋の母、アクティブな素敵な老後を送って欲しい。

  • 天野祐吉さんが書かれるものは、
    肩の力が抜けていて、かつ、
    偏りがないので、とても読み易い。
    6人の著名人が登場するが、
    坪内稔典さん、安野光雅さんの対話が
    特に肩の力が抜けていて、良かった。

  • みなさんさすがに年を重ねられた方だけあって、言葉がいちいちしっくりくる。こういう年のとりかたをしたいなぁと思った。

  • 副題は「よく遊び良く遊べ」。遊び心あふれたエッセイや機知に富んだ広告批評で有名なコラムニストの天野さんが、そうそうたるゲストを迎えて「隠居学」について語りつくした対談の記録集。

    「隠居」という言葉がマイナスイメージを持つようになったのは、「富国強兵」を謳う明治になってからという天野さんは、自ら「隠居」という肩書の名刺を作って、世間から尊敬される存在だった江戸時代の「隠居」を目指しているという。

    天野さんがゲストの個性に合わせて考えたテーマとそれに対応するゲストは下記の通り。

    第一回「猫の自由に学ぼう: 横尾忠則」
    第二回「ゆっくり急げ: 外山滋比古」
    第三回「いい加減にしなさい: 赤瀬川源平」
    第四回「宇宙人をめざそう: 谷川俊太郎」
    第五回「うふふ力を磨こう: 坪内捻典」
    第六回「遊行の旅に出よう: 安野光雅」

    私もさっさと隠居を決め込みたいと思う年頃になったのだが、いかんせん生活のため、浮世の仕事からしばらく離れようがなく、うらやましく先輩たちの話を伺うばかりだ。

    2010年の6月から12月まで各月一人のゲストとの対談模様は、内容はNHKのラジオ番組「ラジオ深夜便」でも録音中継されたという。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

天野祐吉(あまの・ゆうきち)
コラムニスト。1933年東京生まれ。1979年に「広告批評」を創刊。2009年同誌終刊後、「天野祐吉作業室」を設立。主な著書に『広告論講義』(岩波書店)、『広告五千年史』(新潮選書)、共著に『広告も変わったねぇ。』(インプレスジャパン)、『可士和式』(天野祐吉作業室)など。

「2012年 『クリエイターズ・トーク』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする