詩の邂逅

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.10
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022508850

作品紹介・あらすじ

3月11日、午後2時46分-。大震災、津波、原発事故絶望の淵に立った…。福島で生まれ育った詩人が、様変わりした故郷への葛藤を抱えながら、福島に住み続ける人々の"声"を聞き、失われた日常を取り戻す。ツイッターで話題となった『詩の礫』から一歩踏み出し、新たな"希望"を見いだすために書き下ろされた言葉たち。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 邂逅というタイトルがいいじゃないですか。ねえ。

    福島の人々を詩でつづる、和合さんならではの詩。

  • 事実を伝える重い詩とそれを生み出したインタビューを、南相馬に着く前に読了。今この時に読んでよかったです。

  • 川名潤さん

  • 言葉がシンプルさが逆に事態の深刻さをうかがわせる。詩には「福島」と繰り返されている。決して「フクシマ」じゃないぞ、「福島」なんだと訴えているようでもある。詩の他にも、現地に住む人たちとの対話が収録されている。
    ここ30年で田舎に帰ったのはほんの数回。原発が近いので、現実的にはもう行くことはないかもしれない。つい空の東側を眺めてしまう本だった。

  • ものごとをまっすぐに伝えるのは、もしかしたら詩が一番かもしれない。

  • 震災をきっかけに、この方を知りました。

    詩と、被災者の方へのインタビューで成り立っています。

    インタビューは震災当日などの様子が

    臨場感あふれる形で伝わってきました。

    被災地の一つである福島県に生まれ育ち、今も福島県に住んでいらっしゃいます。

    苦しみや絶望を感じるけど、未来や希望を見ているような感じもします。

    今国が問われている事がよくわかると思いました。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1968年福島県福島市生まれ。福島大学卒業。東日本大震災の直後からツイッタ―上で「詩の礫」を発表し反響を呼ぶ。詩集に『AFTER』(98年、中原中也賞)、『RAINBOW』(99年)、『誕生』(02年)、『地球頭脳詩篇』(05年、晩翠賞)、『入道雲入道雲入道雲』(06年)、『黄金少年』(09年)、『詩の礫』(仏語版がニュンク・ポエトリー・レビュー賞受賞)、『詩ノ黙礼』、『詩の邂逅』』(以上11年)、『廃炉詩篇』(13年)、『昨日ヨリモ優シクナリタイ』(16年)など。震災後の福島の文化を発信するプロジェクトや合唱曲の作詞、国内外の詩祭への出演など幅広く活躍する。

「2018年 『続・和合亮一詩集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和合亮一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 樹
和合亮一
和合亮一
村上 隆
村上 春樹
クラフト・エヴィ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする