獅子頭(シーズトォ)

  • 朝日新聞出版
3.39
  • (3)
  • (10)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022508942

作品紹介・あらすじ

巨大な肉団子「獅子頭」が評判で、貧農の子・二順は日本の中華料理店へ。食、言葉、恋愛など中日文化差の狭間で、次々と困難な出来事に遭遇する、誰も読んだことがない成長小説。大連に残してきた妻子と日本人の恋人との間で揺れ動く、料理人・二順がたどる人生とは-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み続けるのが少し苦痛なぐらい二順にはイライラした。

    作者はあとがきで主人公に対して
    善良で素直、悪く言えば単純で愚かと評している。

    人種を人格化した
    私が思い浮かべる中国が当てはまった。

    爆買いに代表される急速的な経済成長の一端も
    善良で素直な人々だからできたのだろう
    ただそこに巻き込まれた人はたまったものではない。

    雲紗や雲舞(娘)の事を思うと居た堪れないが
    傷つけようと思っていないのに、空回っている。

    そんな紆余曲折がどう迎えるのかと思っていた時に

    鈴木という日本人の同僚がでてくる
    これまた私の思う日本人像そのままだった。

    人前ではいい人を演じるのに少しでも寮生活に不満があると表面上は出さずにネチネチ攻撃してくる。かと思えばおだてると想像もできないいい人になって掛け値無しに優しくしてくれる。

    二順の周りの人は果たして二順に何か言えるほど
    出来た人なのか?とも思い始める。

    程なくして大連の時の居住の方がいい事や
    物価比率に対しての生活レベルが
    必ずしも日本が恵まれているわけではない事など
    徐々にわかっていくと
    二順にイライラしていた私はハッとさせられた。

    人を採点する前に

    誰が自分のことを大事に思ってくれているか
    その人の事を自分は大事にしているのか

    それだけを考えて進んだほうがいいんだと。






  • H28/10/12

  • 中国の無学な二順は、とことん無学だけど
    流されていながらも懸命に生きているんだよね
    どうして?もっと考えて!ちゃんと!と
    少しイライラしながらも読んでいき
    あまりにも自分の気持ちに正直で、愚かな二順を
    このような形の小説にした作者・楊逸さんの気持ちも考えてしまう
    生まれながらの考え方、風習は、
    日本とはあまりにも違う中国だから
    たくさんの誤解が生まれるのかもしれません
    小説に出てくる料理は美味しそう
    この小説は、中国から日本に来て生活をした
    楊逸さんじゃなければ書けない小説なんでしょうね
    文章はわかりやすく読みやすい本でした

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“文壇レシピ”で登場。
    http://nestle.jp/entertain/cafe/


    本の中に登場するあの美味しそうな一品を
    実際に再現してみよう!というこのコーナー。

    第44回目に紹介されたのは、楊逸(ヤンイー) の「獅子頭」に登場する『炒飯』。

    ―溶いた玉子を流し込めば、鮮やかな黄色い園ができる。
    その上に細かく刻んだダークレッドの金華ハムと、粒が立つ透明に白いご飯を入れて、
    混ぜながら左手で何度も中華鍋を煽るのだ。

    塩胡椒を振りかけて、グリーンピースを散らした後、
    みじん切りの青々とした葱をまぶして仕上げる。


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

  • かなり分厚い本なので、怯みながら頁をめくっていると
    なんのなんの、ぐいぐいと話に惹きこまれ一気読み。
    最後の数頁は終わってしまうのが残念なほど。
    楊逸さん、よくこんなお話を作ったなぁと感心します。
    どの人物も良くも悪くも人間味あって、翻弄されて。
    人生訓のようなものが随所に散りばめられていると感じた。
    雲紗がとても魅力的。日本に来て見聞を広めようと動き、
    ノートにその記録をするところなど。
    雲紗が二順に語りかける言葉は私にも沁みた。

  • ここまでの経済発展を遂げる前の中国の農村に生まれ、雑技学校で学ぶも挫折をし、料理人となった帳二順。北部の街大連で可愛く賢い中国娘と恋愛をし、結婚をし、仕事も順調にキャリアを積んで、自分の生活に満足していた彼が、偶々勤めるレストランを訪れた日本人に請われ、嫌々ながら日本で料理人として働くことになる。生まれてから来日するまでの彼の人生と、日本に来てからのドタバタ顛末を描いた新聞連載小説。
    優柔不断だけれど純粋で素朴な二順の姿にヤキモキ、イライラさせられる。一般的な中国人のイメージとは違うかもしれないけれど、私の知っている中国人の男性もこういう感じだった(ここまで優柔不断ではなかったけれど)。日本でも中国でも女性がしっかりして、男性を引っ張っていて、可笑しい。比較文化論のような側面も持ちながら、全体的にユーモラスで、読みやすかった。ただ、同じ著者の他の作品に比べると、少し冗漫な感じもした。

  • 楊逸さんの書いたものはどの作品もとても興味深い。中国人の事が、日本人の訳ではなく楊逸さんの書いたナマの日本語で生き生きと表現されていて、本当の中国の習慣や、民族性、生活がよく理解できる。

    楊逸さんは日本のデパートで買い物をするときに、雨の日だと紙袋にビニールをかけ、濡れないようにサービスしてくれる、と言う文章を新聞に書いていた。そのビニールも紙袋にキチンと合うようにできていて、その上紙袋のデザインが見えるように工夫されている。

    そういったものは中国にはないというものだった。日本の細やかなサービスについて、褒めてもらってうれしい気持ちはありますが、中国は中国で日本にはないいいところもたくさんあると思う。

    この作品に出てくる『料理』や、『勉強や仕事を本当に一生懸命がむしゃらにがんばる精神』などは中国の誇れる部分ではないか。獅子頭、いつか食べてみたいと思う。

  •  時代は変わる。変わり始めたヒトやモノの流れは止まらない。その流れによって時代は変わっていく。
     あるいは時代の変化に翻弄されるように、ヒトやモノの形も中身も変わる。その変化によって、さらに時代の変化は加速していく。
     時代の変化が先か、ヒトやモノの変化が先か……ニワトリと卵の関係みたいだけど、そういう変化に従順であるほど、逆に“変わらなさ”というのを見つけられる気がする。
     時代の流れに上手く乗り、あるいは翻弄されながら、自分の姿勢を意識して変えていく、あるいは無意識に変えざるを得ない人生を歩んでいる人ほど、人生のなかで自分の“変わらなさ”を感じているのではないだろうか。流れの中で流されずに残ってしまった、余計なものが洗い落とされ磨かれた自分自身の中にあるものに、いつの間にか気付く日が来るような気がする。

     中国や東南アジアなどから出稼ぎ目的で日本にやってくる人たちは未だに多い。時には不法に、時には制度の隙間を縫うように労働者以外の肩書きで入国する人々。今やインターネットや携帯電話に誰でも触れることが時代、彼らは日本や母国も含めた時代の流れに敏感であることができる環境にあるから、狡猾かつ軽妙に国境など超えて自由に動き回れるのだろう、今や。
     そういう時代だからこそ、そこに生きる彼らは自身の中にある“変わらなさ”と安心して向き合ってられるのかもしれない。かつて旧態依然とした政治体制が巾を効かし通信手段も限られていた昔と比較すれば。

     中国から来日した一人の料理人の男が主人公。今よりも少し前の時代の人間。
     中国から日本へ主人公も含めて様々なヒトやモノが移動していく。人間は勿論、料理などの文化、男女の関係など、その流れは登場人物を翻弄していく。
     それでも彼らはしっかりとした“変わらなさ”を身に付けながら逞しく生きているのではないか。現実の問題は膨らむ一方で何ひとつ解決していないにも関わらず、読後感が爽やかなのはそのせいだと思う。

  • 資料ID:21105407
    請求記号:913.6||Y

  • あっさりした文体で読みやすい内容。男のくせにシャキっとしない主人公にイライラさせられつつも、行く末が心配で最後まで読み進んだ。

    ハッピーエンドであればありきたりな話になっていたと思うが、そうでもない所が物語を良くしていたと思う。

    中国が進化して行く様子、進化の具合について行く人、取り残された人の様子が興味深く、中国人の作者が書いている事が長所となっている内容だった。

全15件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

獅子頭(シーズトォ)を本棚に登録しているひと

ツイートする