忍び秘伝

著者 : 乾緑郎
  • 朝日新聞出版 (2011年10月7日発売)
3.20
  • (2)
  • (9)
  • (18)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :68
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022508973

作品紹介

永禄4(1561)年、川中島の合戦に出現した「御左口神」。天下をも左右するとされる謎の兇神をめぐり、若き日の真田昌幸と可憐な歩き巫女の少女が、謎の忍者・加藤段蔵に挑む!さらに異形の軍師・山本勘助も登場。

忍び秘伝の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 山本勘助が何をやりたいのかがよくわからないんだけど、そしてこれがぐるぐる回る運命なら、ますますどうなんだ?というお話。
    もともと飛び加藤が、すさまじくなって帰ってくる部分からどうして?の説明不足。
    でも、とても雄大なファンタジー。こういうの好きです。

  • 荒山徹さんが好きならいけるのではという感じです。
    上記の事を置いておくとしても、いまいち盛り上がりに欠ける印象で、他の人にオススメはできないかな。

  • 「外伝」とほぼ同じ時代の別な人物が描かれますが、わくわく感は「外伝」の方が少し勝ってたように思います。最初は少し苦しいんですけどしばらくのガマン。SFファンなら思わずツッコんでしまいそうな仕掛けはご愛敬(笑。

  • ややSFの要素も入っているが、内容は面白い。
    前作の忍び外伝も面白かった。

  • 歴史上の人物と歴史をそのまま大きく変えることなく、伝承や言い伝え等を利用しながら、SFかホラーかというストーリー!この荒唐無稽さとエンターテイメントにびっくり。

  • ううむ、乾緑郎おそるべし。
    予想以上にすんごい面白かったー。
    さすが注目の大型新人。
    てゆーかホントに新人?今までどこに隠れてたの。

    戦国時代の予備知識なんて全くないですが、読ませる読ませる。
    武田信玄が天下取りのために手を出した凶神。
    戦場に降りれば血を求めて殺戮の限りを尽くす神。
    川中島では敵を一網打尽にし、辺りを地獄絵図に陥れる。
    その神の秘密を握る孤児の少女。
    怪しい技を駆使する忍びの男・・・。

    歴史小説読んでると名前とか似てるもんで血縁関係とか主従関係が混乱しがちなワタシですが、そのへんも多分できるだけシンプルにしてくれていて、わかりやすい娯楽に徹してる。
    戦闘シーンとかスピーディで映像が浮かぶし、キャラクターたちもそれぞれ立ってる。
    主人公の小梅が恋をする喜兵衛が妙にカッコいいし。

    ファンタジー的な要素が強いし、文章のテイストも今時っぽさがあるので、歴史小説好きな年配の人より、若い人のほうがハマる気がする。

    いやー満喫しました。

  • 戦国忍者物だと思ったら伝奇SFだった。

    第一章はややのんびりで面白さは感じなかったけれど第二章以降は古代神召喚とか巫女兼間者を育成する村の事とか、歴史物には無い部分が面白く読めました。

    最後にはタイムスリップまで出る話の流れにちょっと驚きましたが意外な話で楽しめました。

  • これって「忍び外伝」の続きか関連ですか、読んでないので

    同じ事を何度も書いているわりには、外堀が乏しくい
    ストーリーがブツ切れ断片で、話を理解できても面白くない。

    召喚獣がでてくる世界観と思っとけば良いのかな
    映画の予告編みたいにイイトコだけって感じ

    勘助は、可哀想

  •  予想の斜め上をいく展開。びっくりしたよ。そこそこ面白かった。

  • 完全なる首長竜の日とはうってかわって、忍びに武将に神にトリップありのSF、時代エンターテイメントです。
    この変わりよう。
    武田と上杉による激戦、川中島の戦いにおいて、突如現れて勝敗を左右した兇神の御左口神。
    その力は絶大で、天下をも左右すると言われていた。
    その御左口神を巡り、女忍びの小梅、若き日の真田昌幸、謎の忍び加藤段蔵、武田家、山本勘助が暗躍する。
    序盤は取っつきにくい感じがありましたが、それを越えるとテンポ良く進みます。
    実在の人物、出来事をベースにしつつも、作者の豪腕で一大時代エンターテイメント作品に仕上げた感があります。
    上梓3冊目とは思えない迫力がありますね。

全13件中 1 - 10件を表示

乾緑郎の作品

忍び秘伝に関連する談話室の質問

忍び秘伝はこんな本です

ツイートする