評伝 ナンシー関 「心に一人のナンシーを」

著者 : 横田増生
  • 朝日新聞出版 (2012年6月7日発売)
3.82
  • (21)
  • (45)
  • (32)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :236
  • レビュー :47
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022509772

作品紹介

青森から上京してきた18歳の予備校生は、どのようにして、消しゴム版画家にして名コラムニストとなったのか。他の追随を許さない鋭い批評眼は、いかにして生まれたのか。なぜ、魅力的で非凡な文章を書き続けることができたのか。ナンシーを知る人たちへのインタビューとともに、彼女自身の文章に垣間見えるいくつもの物語を紐解きながら、稀代のコラムニストの生涯に迫る。

評伝 ナンシー関 「心に一人のナンシーを」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 消しゴム版画家でコラムニストであった故ナンシー関の生い立ちから、デビュー、そして確立した地位を得るまでを親族や友人、業界関係者に取材して構成した評伝。
    あらためてナンシーのすごさを痛感。
    久しぶりに彼女の著作を本棚からひっぱり出して読みたくなった。
    あと、ハワイ本を中心とするトラベルライターの山下マヌーが初期のナンシーと交流があったことが記されていて、軽い驚きを覚えた。
    ナンシー亡き後もTVについてのコラムを書く人が何人も出てきたが、個人的には武田砂鉄がポストナンシーだと思う。
    ところで、今は亡き日清パワーステーションでムーンライダースのコンサートを観たときに、ナンシー関を目撃したが、本書でもナンシーがムーンライダースを観にパワステに行ったことが書かれていたので、やっぱりあれはナンシーだったのだと確認できて、ちょっとうれしかった。

  • 内容は興味深かったですが第三者にこそばゆい賞賛をこれでもかと浴びせられることに本人が生きていたら照れつつ拒否しそうな気もするなと思ってしまった評伝でした。
    あと。ナンシー関が存命だったらSMAP解散になんて書くかな、とふと思ってしまった。読んでみたかった。

  • ナンシー関さん好きだったなー。
    もう亡くなって10年も経ってしまったんだ。
    ナンシーさんが 面白くなくなったと言われる今のテレビを観たら、どんな事を語っていたのかなと度々思う。
    ナンシーさんになりたい人は山ほど居るけど、ナンシーさんになれた人は一人もいないんだよ。

  • ナンシー関について書いた本。ナンシー関本人の本ではない。図書館で借りた。
    ナンシー関と言えば消しゴム版画家であり辛辣な面白いコラムを書く人ということで知られており、亡くなったことを新聞で知った時は思わず声を出して読んでしまった。
    彼女をよく知る人の談話とコラムの引用、歴史を辿った本。まあ、引用部分が一番面白いわけでしたが。

  • 頑張っているが物足りない。

    一ファンの感想に留まらず、愛と客観の均衡はある。大袈裟にも矮小にも評価していない等身大な姿を描いている。
    そんなナンシー関を見たいか、ということなのかもしれない。

    興味深かったのは結局、引用部分であった。

    上野ecuteで購入。北斗星内で読了。

  • 読みやすくはないがおもしろかった。 名前は聞いたことあるけどよく知らないという感じだったが今更ながら興味が沸いた。 そのうち何冊か読んでみようと思う。

  • 同じ時代を生きられてよかった。第2のナンシーはまだか。そして、心にいつもナンシーを

  • ナンシーのコラムの為に週朝を立ち読みし、CREAを毎月読んでいた一読者ですら新聞で訃報を見た衝撃が大きかっただけに、冒頭の急逝直後の関係者談はリアル。激務に追われつつ、たくさんの仕事の予定を抱えていた彼女も、彼女の仲間達も無念だったに違いないとひしひしと伝わる。

    彼女の消しゴム版画やコラムだけでなく、その人となり、影響力の大きさを端々から感じさせる。
    本名の関直美は知っていたが、"ナンシー関"がいとうせいこうさんの名付けだとは知らなかった。

    テレビに(あまり)出ない事で評する対象との距離を保った姿勢は男前。テレビに出る事で生じるバイアスをきちんと分かっていらしたのだろう。

    今、テレビをつけるとナンシーに斬られた人々と番宣タレントばかり、画一化されて面白くない。
    ナンシーを失い、テレビは自浄作用を失ったのではないか?と思う。
    SNSでの芸能人糾弾が日常化し、タレントの引きずり下ろしが常態化した現在のテレビ界をナンシーならどう評したのだろう?
    もの申す視聴者の言いなりになってしまったテレビを見ながらナンシーに思いを馳せる一冊。

  • 大好きだったナンシーさんの最後がどんな感じだったかこれを読んで初めて知った。それにしても懐かしい彼女独特の文体は何度読んでも面白く本質をついている。彼女のあとに続く人がなかなか出てこないのは、それだけ彼女が偉大だったからか。

  • 関係者へのインタビューを中心に、ナンシーの生涯に迫る。
    著者はナンシーとつながりを持っていないのが、余計な感情や思い込みがなくて評伝としてよかったと思う。

全47件中 1 - 10件を表示

評伝 ナンシー関 「心に一人のナンシーを」のその他の作品

横田増生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
大野 更紗
高野 和明
村上 春樹
塩田 武士
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

評伝 ナンシー関 「心に一人のナンシーを」を本棚に登録しているひと

ツイートする