宿神 第一巻

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (12)
  • (22)
  • (21)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 179
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022510020

作品紹介・あらすじ

保延元年(1135)-北面の武士である佐藤義清(後の西行)と平清盛は、同い年ということもあり妙に馬が合った。2人は怪しげな呪文を唱える呪師の申と妹の鰍に出会う。凶暴な放免たちに襲われた鰍を救うため申が呪を唱えると、あれが気配をあらわしはじめ、窮地を脱する。一年後、鳥羽上皇の中宮・待賢門院璋子に出会った義清は、その美しさに目を奪われた-。人間の根源に挑む著者畢竟の大河伝奇絵巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史小説はほとんど読まないんだけど、たまたま読み始めたこれは面白かった。これくらい緩やかな性生活だったら、お世継ぎ問題も無くなるのにねー。

  • 第一巻、皇を交え好漢二人が織り成す物語は、作者の得意とする所、今回も見事に嵌ってしまいました。
    本を読んで、ワクワクさせられるのは、幸せですね。
    闊歩する登場人物の今後の展開に期待してます。

  • 若き日の佐藤義清、平清盛の話。
    前情報なしで読むと何の話か(どこへ向かうのか)よく分からなかったのだが、歌人西行(佐藤義清)の一生という感じの話なのか。一つ一つの話は面白いのだけど、少し盛り上がりに欠けるか。勉強にはなるが。

  • 「陰陽師」みたいな感じかと思ったら全然違った。

  • 佐藤義清(のりきよ/後の西行)美少年というか美声年というかとにかく超男前で、もうオールマイティで超絶才能の塊、さらに妖を見る力まであるという。さらに豪快な若者時代の平清盛(西行とは同じ歳)との交流、耽美系漠バージョン『平家物語』というか、平家物語のエピソードも存分に出てくるがこれまた怪しい魅力満々でいい感じのスタートです。ノリは”陰陽師”の安倍晴明と源博雅的な漢の絆的なねぇ、萌えではあります。第一巻、やっぱり平家物語序盤の大エピソードというと盛遠やねぇ、私的には吉川本の”新平家物語”のあの件が好きなんですが、餓狼伝の臭いするのもいいかとおもわんこともないです。おもろいです。

  • とても読みやすく、サクサクと読めるのですが、なんだかよく分からない内容で、とまどってしまいました。

    2巻を読むかは、考え中。

  • (図)

  • 平清盛と藤原義清(出家して西行)の話だ。義清が鳥羽天皇の中宮であり、崇徳・後白河両天皇の母である待賢門院璋子に恋をして、またそれが原因で出家して西行となり、その後も待賢門院璋子に気を奪われつつも生きていく姿を描いている。恋物語の中に、自分とは何かを問い詰め、そこに詩歌を散りばめられながら物語は進む。

    題名となる、宿神またの名を摩多羅神とも呼ばれる、天台宗の「裏戸の神」が出てきて、ファンタジーっぽいところが入るところは、著者のお得意のところである。大河ドラマで平清盛が放映されたが、そこで”もののけ”と言われていたものが、宿神のイメージに近いものだが、著者が言いたいところの宿神とは、万物にはそもそも心というものは存在せず、その物を通して、自分の心の中が映し出され、森が話しかけてきたり、風がささやいてきたりするというものだ。唯物論的な考え方と言うことだろうか。

    私はファンタジーが少し苦手なので星2つ

    全4巻

  • 色々なこの世の物でないものも出ますが、メインは、道ならぬ恋に苦しむ人たちかな。
    先が気になります

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2018年 『バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宿神 第一巻のその他の作品

夢枕獏の作品

宿神 第一巻を本棚に登録しているひと

ツイートする