ことり

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.76
  • (136)
  • (254)
  • (205)
  • (27)
  • (9)
本棚登録 : 1795
レビュー : 295
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022510228

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • その人の人生の幸福度や充実度はその人にしか判断できないものなのだろう。

    惹かれ合い、家庭を持ち、家族や友人に恵まれて一生を終えることを分かりやすい「幸せ」と呼ぶのであれば、小鳥の小父さんの一生は「不幸」だ。
    自分の殻に閉じこもり家族と関わろうとしない父、突然「ポーポー語」を喋り出し小鳥に異常な執着を見せる兄、けして子供を否定せず優しいが最後まで「ポーポー語」を理解できなかった母。ポーポー語の唯一の理解者として、いつも兄の傍らにいた彼は両親の死後もひっそりと兄に寄り添い続けた。

    無粋を承知で言うならお兄さんはきっとサヴァン症候群であろうし、他者との交流を避け鳥籠のような狭い世界に閉じこもり、ただ小鳥の世話に明け暮れる小鳥の小父さんも変わり者だろう。ポーポーや湿布薬を買いに青空薬局へ通い、図書館司書の女性に淡い想いを抱き、虫箱の老人に引き込まれ・・・出会いはあるものの、孤独なまま鳥籠を抱いて死んでいく。でも彼の人生を哀れむことはない。小鳥のように小さく脆く危うく、それでもしっかりとあたたかな時間がそこには流れていたし、彼はきっと幸せだったから。

    並行して読み進めていたのが村上由佳さんの「星々の舟」で、家族を扱ったという意味では同ジャンルなのだけれど、あちらが濃密な血の重さと危うさを感じさせるのに対し、こちらは淡々と穏やかなのに危うさを感じるような作品だった。

  • 万人に伝わらない言葉に意味はあるのか。
    ポーポー語はお兄さんと小鳥のおじさんの間でしか伝わらない。
    だけどその言葉は美しい響きを孕んでいる。
    普段使っている当たり前とされる言葉も全面的に信用されるものではない。
    だからこそ言葉を使ったコミュニケーションは苦悩が伴う。
    そして言葉を使ったからこそ言葉を超えたコミュニケーションが成立する瞬間もある。
    言葉の揺るがない美しさを感じる切ない話だった。

  • こんな司書いないよー、という司書が登場します。物語は素晴らしいです。

  • 相変わらず静謐な世界は素敵なのだが、どうにも周囲の人々が優しくなさすぎてアカン。

  • 読了後、自然にはじめのページを開いていた。
    映画化されてほしいな。

  • 数頁進めると引き込まれる…"結界"の様なこの世界観。慎ましくも対比する、"ことりの園"の鳴き声と研ぎ澄まされた静寂・孤独、、そして清らかさが突き抜けた♪。

  • 博士の愛した数式を読んだのが、小川氏の著作を読んだ最初である。
    静謐で透明感のある中でもどこか温かく、下地に澄んだ冷たい水が流れているような雰囲気を感じる。

    本作も静かで淡々とした空気が流れているのは同じだ。
    ただ個人的には、あまり救いを感じられなかった。
    愛されている母親に比べて父親があまりにも離れたところに追いやられ
    少々気の毒にも感じたし
    新しい幼稚園の園長のやり方も随分だなと思った。
    ただ耐えてただただ尽くして、それを本人は損だと思っていなさそうであはるのだが
    自分としてはもう少しおじさんには報われて欲しかった。

    狭い世界を巡る物語の閉塞感に押しつぶされそうで、
    正直読み進めるのが疲れてしまう部分もあった。
    目白を逃されてしまった人たちはひどく迷惑しただろうし
    司書の人は一体どう思っていたのかとも思ったし
    自分は主人公に全く肩入れ出来なかったので、
    ラストもいまひとつ納得出来ないままあっさりと終わってしまった印象だった。

  • 兄を愛し、小鳥を愛し、静かな暮らしを愛した「小鳥の小父さん」のつつましく生きた生涯をつづった作品。

    初めから終わりまで、一瞬の隙もなく小川洋子トーンに包まれた作品だった。
    日常の中では見過ごしてしまいそうな、ひっそりと穏やかに生きる人を描き出すことにかけては、彼女の右に出るものはいないだろうなあ。
    穏やかで静かだけれど、必ずその奥底に人の死が織り込まれているのもいつも通り。
    静かに逝った小父さんが、天国でも穏やかに暮らしていることを願う。

    余談。
    最後まで読んで、締めくくりに東大教授の岡ノ谷一夫氏への謝辞が書かれていてびっくり。本書の前に読み終えたばかりの「つながりの進化生物学」の著者じゃないか!そういえば、岡ノ谷氏は鳥のさえずり研究が専門だったっけ。
    本を読んでいると、こういう思いがけずこういう巡り合わせにあうから面白い。

    *今ちょっと調べたら小川さんは岡ノ谷さんとの対談で『言葉の誕生を科学する』という共著を出されているみたい。読んでみるか。

  • この人の本を読むと、毎回なにかに精通した気分になる。
    今回は小鳥。
    むかし、母がやっていた雛鳥への餌の与え方~粉ミルクをスポイトで口に運ぶ~も思い出してなつかしくなった。

    小川さん、わたしと同じ<アランジアロンゾ>好きなんじゃないかな。

  • 独居老人の死から始まる物語。
    「人質の朗読会」もそうだが、
    主人公の死へと繋がっていくので
    全編にやるせなさが漂う。
    特別な力を持った兄の死
    理解者かのように見えるが姿を消す
    分館の図書館司書
    ことりのおじさんを取り巻く世界は
    きびしい。
    メジロとの交情は「看取り」の役割を果たしている。
    小川洋子の世界観は「やさしい」では
    表現できないのではないか。

    「文藝」で特集が組まれたときに話されていた内容が
    実を結んだのだなという感想

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

ことりのその他の作品

ことり (朝日文庫) 文庫 ことり (朝日文庫) 小川洋子

小川洋子の作品

ツイートする