無名の虎

著者 : 仁志耕一郎
  • 朝日新聞出版 (2012年11月6日発売)
3.70
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 26人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022510259

作品紹介

もはや戦には出られない。利き腕をなくし失意の底に沈む侍の軍兵衛。しかし今度は「水龍」と戦うのだ-。戦から残された女子衆と力を合わせ、軍兵衛は一大治水工事に命を賭して臨む。「信玄堤」完成までのドラマに迫る傑作長編。第4回朝日時代小説大賞受賞作。

無名の虎の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 合戦での負傷で出世の道を絶たれた武士が川除普請奉行として信玄堤を築き上げる物語。
    地味な話かと思ったが、物語は躍動感にあふれ、登場人物たちはいきいきとした魅力に富んで、途中で止められなくなって一気読みした。
    何度も洪水にみまわれて田畑や家を失い、凶作で苦しむ上に賦役で男手を取られる村は疲弊するばかり。そんな環境でもたくましく生きる女子衆おおらかな色気に目を奪われる。
    信玄公の信濃攻めを横糸に、治水の20年をあざやかに語って感動的だった。

  • この時代の小説を最近よく読むが、戦とはまた違った趣向で面白く感じられたが。しかし、作中の月日があっという間に進行していくため、内容に関しては今一つといったところ。

  • いわゆる甲斐の武田信玄が築かせた信玄堤を作った武士の話し。戦国時代、出世するためには戦で名を上げるしかないのだが、戦で片腕が動かなくなり氾濫する河の堤防を造る役目を与えられた男が、徐々にやる気をだしていく感じがサラリーマン社会みたいで面白い。しかし、個人的にはサラリーマン辞めてしまったので、もひとつ入り込めなかったかな。

全3件中 1 - 3件を表示

仁志耕一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

無名の虎はこんな本です

ツイートする