ジーノ 渋谷署組織犯罪対策課刑事

著者 : 本城雅人
  • 朝日新聞出版 (2013年1月4日発売)
2.92
  • (0)
  • (1)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • 25人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022510440

作品紹介

篠塚隆哉は不良グループのリーダーから警察官になった変わり種だ。脱法ドラッグ「グレイゴースト」を吸引した者たちが死亡し、正体不明の売人を追うが…。渋谷、リアル、クールな警察小説。

ジーノ 渋谷署組織犯罪対策課刑事の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話がとっちらかってる印象。

  • 新しいドラッグを追いかけて真相に迫るジーノ。
    イメージわきやすくてドラマっぽい。もう少し恋愛入ってたらよかったけど読みやすかった。

  • ラストのおばあさんの、おじいさんに対する仕打ちがいい。周囲をビビらせるような大物政治家であり、家長でもあるおじいさんの食後のデザートを一番最後に出すなんて(笑)。気難しいじいさんに動じないおばあさん、なかなかいいわぁ。

    主人公はヤクザの愛人の息子・龍文にした方が面白かったかも。篠塚(ジーノ)より人物像がハッキリしていたように感じたから。

    ジーノだのモカだのピノだのガッツだのって、中途半端に愛称で呼び合ってて、ちょっと気持ち悪くて。別に愛称で呼び合うのが悪いって言ってるんじゃなくて、法則みたいに無理に愛称付けたっぽいところが嫌だったので。普通に下の名前で呼べばいいのにと思いました。

  • ラストがあっさりでしたが、それまでは中々面白かったです。

  • 今時のイケメン俳優を主人公にした刑事ドラマ、みたいな感じ。まぁ、軽く読むにはイイかな。
    主人公の篠塚は、衆議院議員で元国家公安委員長の祖父を持つ異色の経歴。そんな祖父との確執の場面は描かれているものの、むしろその祖父の力をガンガン利用して、もっと捜査に繋げてくれるほうが面白かったんじゃないかなと思う。雑誌ライターの元カノが登場した時点で、オチが分かりそうなのも微妙。

  • ジーノこと篠塚は、新種のドラッグの売人を追うが・・・
    祖父が議員だったり、設定的に強引だなと思う点も多いけれど、気軽に読める刑事モノって事でいいんじゃない。

  • 本城雅人の刑事物なのですが…読むのが辛かった…。

    堂場瞬一のような安定感がなく、行き当たりばったりもいいところで野球物と比べてしまうと粗しか見えてこない。

    表紙が堂本光一にしか見えないのでゼヒドラマ化…はやめましょう、なんつって。

全7件中 1 - 7件を表示

ジーノ 渋谷署組織犯罪対策課刑事のその他の作品

ジーノ Kindle版 ジーノ 本城雅人

本城雅人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ジーノ 渋谷署組織犯罪対策課刑事はこんな本です

ツイートする