仕事の答えは、すべて「童話」が教えてくれる。

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.47
  • (9)
  • (11)
  • (18)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 164
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022510594

作品紹介・あらすじ

仕事の"壁"は童話で乗り越えろ!誰もが知る童話には成功者になるための人類の叡智が凝縮されている-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 千田さんの著書は、たぶん2冊目です。
    こんどは「童話」で来ました。ふざけてるようで、タイトルの面白さに惹かれて購入しましたが、なかなか。

    言いたいことが、分かり易い。
    多少、こじつけの部分はアル様な気がしないでもない気がすることはする・・・

    猿かに合戦で殺されるカニに対し、「交渉力」があれば死なずに済んだかも・・・とか、
    浦島太郎が玉手箱を開けたのは自己選択なので、しかたない。とか、
    人魚姫が泡となって消えてしまったのは自己責任とか・・・

    とても子供には説明できない解釈です。

    20の童話を題材に、千田さん流の解釈でかかれており、自己啓発本として私は分かり易い良書だと思いました。アリです。

  • 「童話」から仕事の教訓を得るというなんという斬新な考えに惹かれて読む
    表紙の絵が好みだったのもあり、勢いで買ってしまった^o^
    全20の童話を解釈中には無理やりだなあと思うところもいくつか笑
    でもそれもなんだかんだでたのしめてしまう
    好きなのは「白雪姫」と「シンデレラ」
    「シンデレラ」の物語から「人も羨む成功を手にする」ことについて書いてある
    他の娘とは違い集団行動していなかった。だから、シンデレラは目立つことができ、王子様の目に留まったという解釈。
    たしかに、単独行動してる人ってだいたい魅力的ね

  • 童話と仕事を絡めるというのは新しい発想だった。

    自分は、「◯◯がもし現代で起こっていたら…」とか「あのドラマに起こったもう1つのストーリー」などの

    仮定や空想などで創り上げた話が嫌いだからだ。

    オリジナル版しか興味を持たないというか…。

    現実主義&頭が固いのかも。

    ・人生の食わず嫌いをなくす

    ・ここぞという時には他人に遠慮しなくても良い

    ・大成する人間は遊びを通して知恵と勇気を獲得している

    ・実力+かわいげ→出世

    ・見返りを期待しない習慣の人に奇跡は突然起こる

    ・現状維持や過去に縛られる人間には、お似合いの結末が訪れる

    ・愚直な行動(真っ直ぐな姿勢)と執着しすぎない姿勢(臨機応変さ)が長期的な成功者の基本スタイル

    ・他人と競争するのではなく、競争相手は自分自身である。自分自身の成すべき目標に向かって精進すべし。

    こういうのって全部、ゼミの教授が言っていることだなあ。

    まず自分の成し遂げたい目標って何だろ?Begin with the end in mindを大きい目標から小さい目標まで書いてみようかな。

    なりたい自分になるためには、自分が変わらないとね。

  • 140404

  • なじみのある童話がビジネス視点だと、こういった解釈もできるのか…と意表だった。
    若干強引だったり、そんな斜めから見たくなかったお話もあったが、コンパクトにまとまっていて読みやすかった。

  • 解釈が斬新で、無茶な解釈もあるがそれは笑って済ませる(笑)気付きもある。奥が深い童話もあるなぁ。

  • チェック項目13箇所。実は、桃太郎が犬の前に出逢った人物がいる、桃太郎自身だ、桃太郎は当初一人で鬼が島に行く予定で、そのために黙々と体を鍛えていた、桃太郎には「一人で鬼が島に行く覚悟があった」ということだ。もし、桃太郎が最初から「ねぇねぇ、一緒に行こうよ」と仲間を集めてからしか鬼が島に行かないつもりだったら、この物語は成り立たない。最初からワイワイ群がってチンタラやっている男にたいしたヤツはいない、男を惚れさせるのも女を惚れさせるのも実は同じだ。自分が圧倒的な魅力を放たなければ、人脈はできない、もし桃太郎が弱者のまま仲間集めをしていたら、どうだろう、同様に依存心の塊のような人たちが群がってくる。依存心の塊のメンバーばかりで何かを成し遂げられるだろうか、不可能だ、依存心の強いもの同士4人で仕事するより、自立しているひとりのほうが圧倒的にいい成果を出せると断言できる。もちろん、実力だけがすべてではないが、実力は人脈づくりのスタートなのだ、正面から実力を磨いていくことから逃げてはいけない。依存心の強いヒツジの集団より、自立した孤高のライオンのほうが圧倒的に強い。うさぎの瞳には「かめ」が映っていたに対して、かめの瞳には「ゴール」しか映っていなかった。観音様の教えをよく思い出してほしい、最初に掴んだものをより高価なものに物々交換するようにアドバイスは受けていない、逆に藁を大切にしなくちゃいけないのに男は平気で藁を手放した、「わたしべ長者」の二つ目の教えは「手放す」ことの重要性だ、執着するものを手放すと奇跡が起こる。実は、おじいさんは最初から本気なんて出していなかった、おじいさんは独力ではかぶを抜けなかったから、おばあさんを呼んできたわけではない、おじいさんは、戦略的頭脳とモチベーションアップを含めたマネジメント力を兼ね備えた卓越したリーダーだった。王子様を本命だと心に決めたからこそ、朝まで一緒にいたい気持ちをグっと堪えてシンデレラは帰った、換言すれば、魔法使いは美しい馬車やドレスをシンデレラに与えたのではなく、王子様をゲットするタイムマネジメント能力を与えたといえる。

  • ◉童話=人間社会の本質を捉えている
    ・人魚姫:自分の言動を遠回しな表現に変えた瞬間、成功率は絶望的に下がる。

  • 何度も何度も読みたい本。
    よく知った内容の童話
    何も知らない子供時代と、
    多少経験してきた今では捉え方も感じ方もまた違う。

    ただ、童話は世の中の本の中のベストセラーで、どんな成功者の本より読まれ親しまれているのは事実☆

    なるほど!が沢山あった!

    桃太郎、うさぎとかめ、わらしべ長者、浦島太郎、シンデレラ、人魚姫など。短な内容

  • 全20作の童話について、タイトル通り「仕事の答え」として解釈してみた本。
    「タイトル的に、自己啓発本だろう」と思って手にしたが、NDCが1類や3類ではなく、9類というのが面白い。

    1篇がとても短いので、要約されているのがいい。
    だいたい自己啓発は、ダラダラ同じことの繰り返しだから、朝と帰りの通勤で読み終えてしまった。
    しかし、途中のゴリ押しに疑問を持ち、読み終えた時は最初ほどの好意的感想はなくなってしまったかな。

    スカイエマのイラストが、著者の解釈にマッチしていて、それだけでも楽しめる1冊。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

愛知県出身、東北大教育学部卒。日系保険会社、大手コンサルティング会社を経て独立。のべ3300人のエグゼクティブ、1万人を超えるビジネスマンと対話の経験を活かし、執筆・講演・コンサルティング等で活動中。

「2018年 『人生を変える、お金の使い方。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仕事の答えは、すべて「童話」が教えてくれる。のその他の作品

千田琢哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

仕事の答えは、すべて「童話」が教えてくれる。を本棚に登録しているひと

ツイートする