オイコノミア ぼくらの希望の経済学

  • 朝日新聞出版
3.59
  • (9)
  • (21)
  • (18)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 222
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022510839

作品紹介・あらすじ

【社会科学/経済】ピースの又吉直樹が経済学者たちに「経済とはなにか?」を教えてもらう、Eテレの人気番組「オイコノミア」を書籍化。ゲームや携帯電話といった身近なツールから、結婚、就職など、人生の大事まで、経済を知れば人生はもっと楽しくなる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • NHKの番組「オイコノミア」から生まれた1冊。
    私は番組を見たことはないのですが、ピース又吉さんの名前に惹かれて読んでみました。

    「幸福」「恋愛」「結婚」などなど、私たちに身近なテーマを経済学の視点から考えるとこうなるのか!
    「経済学は難しいから近寄りがたい」…というイメージがガラガラと崩れる音が聞こえてくるようでした。
    特に「現在バイアス」という言葉は覚えておきたいと思います。
    現在バイアスが強い人は、将来に得られる利益や長期的な目標達成よりも、目の前にある利益を優先させてしまう傾向が強いらしい…ぎくっ。
    貯金にしろ、ダイエットにしろ、現在バイアスが強いと失敗しやすいようです…心に留めておかねば。
    そのほかにも、格差や少子化や保険など、社会やお金に関わることについてもわかりやすく、勉強になりました。

    余談ですが、「合コンで緊張している又吉さん」という写真がツボに入ってしまい、にやり。

  • NHK Eテレで毎週放送されている番組 「オイコノミア」から編集された本です。

    番組同様、経済に関する話題が会話形式で書かれており、先生のやわらかい語り口と、又吉の絶妙な受け答えが気軽に読ませてくれます。

    取り上げられているテーマは、就活・貯金・恋愛・婚活など、えっ!?こんなことまで経済学で解明できるの?
    と思うような内容が、先生の理論と又吉の探究心によってひもとかれていきます。

    本文中、先生が「経済学はお金もうけを考える学問ではなく、人間の意思決定のあり方を研究して、世の中が良くなるような仕組みを考える学問ですから。」
    とおっしゃていました。
    経済学って、実は素敵な学問なんですね。
    続編が出たらまたぜひ読んでみたいです。

    図書館スタッフ(東生駒):ほっこり

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://opac.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=1100392550

  • 経済学だけでなく、人間の幸せについての根本的なところにも触れられている。他人との比較、幸せは4日しか続かない、モノを買うより海外旅行のほうが思い出が残る、等。

  • 面白い内容だったが、経済学?って感じ。
    まあ面白かったからOK。

  • 流石に経済学専攻からするとポップすぎる内容。

    超短期、長期のものは直感、中期に関わる意思決定は科学的に説明しやすいなあと思った。

  • たけの書見台より​。
http://mk​bamboo.net/2014​/07/05/1835?utm​_source=rss​&utm_medium=rss​&utm_campaign=p​ost-1835

  • なかなか面白かった

  • テレビ番組「オイコノミア」の書籍化。各テーマに関して、20ページ弱でまとめられていて読みやすいけれど、もう少し分量を増やして深掘りしてほしかった。経済学を使うと、いろいろな身の回りのこと、身近なことを読み解くことができる。逆に言うと、読み解くための道具として作られたのが経済学なのかもしれない。経済学の取っ掛かりに読むにはとても良い本だと思う。もしまたテレビ番組の方が復活したら毎週見るつもり。

  • 経済学を身近に感じれて、良かった。

  • 文句なしの最高の一作。
    好きな女性にはプレゼントを贈り誠意を見せた方が良いが、この行為は経済学用語で「シグナリング」といいう…など巷の風説に裏付けをしてゆく。

    ①利用者が1-2人のゲームは楽しめないが、利用者が増えるにつれソフトも増え楽しめる。さらに利用者が増えれば、プラットフォームとしての市場が完成するため、利用料金も安くなるしソフトも増え、右肩上がりに上昇してゆく。
    ②結婚は、「夫と妻が、それぞれの得意分野を行うことでお互いに自由時間も増えて楽になる」「家電や家賃が実質半額」メリットがある。
    ③新しいマグカップをタダで渡せば、500円以上じゃないと売りたくない。新しいマグカップを渡さなければ、200円以下じゃないと買いたくないと「保有バイアス」が働く。
    ④痩せている方が太っている人より社会で成功しやすいのは、目の前の利益ではなく、将来の利益のために頑張れるから。
    ⑤24種類のジャムよりも、6種類のジャムの方が売れ行きが良い。

    などなど。また、時間が経ったときに読みたい。良かった。

全22件中 1 - 10件を表示

又吉直樹の作品

オイコノミア ぼくらの希望の経済学を本棚に登録しているひと

ツイートする