僕らの新しい道徳

  • 朝日新聞出版
3.35
  • (3)
  • (18)
  • (21)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 175
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022511058

作品紹介・あらすじ

僕らの難問を解決するヒントは、「道徳」にある。何が善いこと?何が悪いこと?いじめ、スクールカースト、政治不信、ポピュリズム…この国の難題を7人の有識者と徹底討論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「情けは人のためならず」ということわざは、本来的な意味合いにおいて好きではなかったが、違うとらえ方があることを発見した。

  • 【洗脳】
    先日、こどもの土曜参観があり授業は道徳でした。
    この本を読んだこともあり、興味深く授業を参観させていただきました。

    道徳の授業は予想通り物語で教える方法でした。ストーリーを簡潔にいいますと、あなたは「自分の夢」と「友達との約束」のどちらを取りますかという内容でした。

    生徒にいろいろな意見を言わせたあと、最終的にこれには正解はない、人それぞれの意見があっていいという結論でした。

    うん??ちょっとまったー (・・・とは言ってませんが)

    道徳とは法律では規定できない事柄を、物語形式でこういう場合はこのように考えるのですよと植え付ける(洗脳)ものだと思っていました。ところが、授業では人それぞれで正解はないという結論に至っていました。

    これは道徳教育ではないです。
    道徳は正解を示さなければなりません。
    道徳は一種の洗脳なのです。正しいとされること(実際正しいかどうかはわからない)を理屈ではなく、頭の中に植え付けるものです。

    今どき、「洗脳」はよくないのでしょうか??
    「洗脳」という言葉の響きが良くない??

    どう思われます?

  • 嫌いじゃないんだよね…

  • 各章でゲストと対談を重ねまとめに入って行く。ゲストは高木新平・古市憲寿・小林よしのり・開沼博・橘玲・與那覇潤・東浩紀の7人。各章のテーマは合理性、市民、共同体、人間、政治、活動。まとめとおまけの章で次回作につながって行く

  • 岡田氏と各分野の著名人との対話集で、各人の視点はユニークで掛け合いは面白く読めるが、「道徳」というテーマで絞り込まれているわけではない。

  • 東紀之×岡田斗司夫の福島第一原発観光地計画についての対話がいちばんはらはらしました。相容れないところがあって。岡田氏は「仮にアート的なアプローチをした場合。アートとして成立させた人たちの名声はあがるでしょうが…」につづき、安全地帯から観光地化を目指す姿勢に男らしくない、観光客に原発事故の処理作業をさせることを含みでないと…という姿勢でした。

  • 最近は出てからほどない状態で読んでいるので、
    岡田斗司夫の考えが進んでいく様子が分かる。
    「道徳」というテーマで、いろいろな視点から対談を通じて探っていく本。
    自分の知らない世界をさらに突っ込んで見せてくれる、隅々刺激的な本。
    「倫理と道徳は違うもの」
    「富ではなくこれからはリスクを再分配しなければならない」
    「トップを挿げ替えることで納得してしまう世間」
    「合理性」と「損得教」
    一つの答えでまとめるには大きすぎる。
    小さな単位を良くするために必要なものが何なのか。
    ヒントがたくさん詰まった本。
    最後の東氏の言う「25年後のフクシマ」は、
    いきなり25年後に飛んで、
    その間にある無数の地道で危険な作業のことに
    どれだけ関与していくのかが見えず
    ものすごい違和感を感じる。

  • プロ教師の会 諏訪哲二 今の子どもは学校で消費者の態度をとる 学校の授業や行事に、つまらなそうな態度をとることが正しいものになっている

    すべての人間は、因果関係でしか物ごとを理解できない 人間の本能

    日本人は純粋主義に陥りがち。長い目で見ればという考え方が出来ずに、この瞬間目の前にあるものが「正義か、不正義か」という発想で行動してしまう。

    ヨーロッパ人がいくつかの段階を踏んで、長期的に原発を減らしていく話をしているところで、日本人は、とにかく今すべて閉じたいと主張してしまう。

  • 対談の内容が散漫であまり面白くない。

  • 若い識者との対談の方が面白く思えたのは、自分が同年代だからか。
    後ろの方に行くにつれ飽きてきてしまった。

    特に面白かったのは道徳教科化に関する内容で、数学A、数学Bと同様に道徳A、道徳Bのように二つに分けたらどうか、という意見。

    道徳Aは人の感情や肌感覚に訴える科目である。
    教材は週刊少年ジャンプ。ワンピースのような「友情・努力・勝利」を掲げるジャンプ漫画を見ることで道徳心を養う。

    道徳Bは利得感情に訴える「倫理経済学」である。
    ワンピースのようなフィクションを見たって何も感動しないし、結局何の得にもならないでしょ?という人向け。
    「道徳的に正しいことをしたら、こんないいことがあるよ。(あるいは逆)」という内容を教えることで道徳的行動を推奨する。

    この両輪で進めばどうだろう、という意見は面白く読ましてもらった。
    ここまであからさまでなくてもいいが、この2つの観点は非常に重要だと思う。

    また、「倫理と道徳の違い」に関する内容も目から鱗が落ちた。
    「お天道様がが見ているからやめよう」が倫理。「人様がみているからやめよう」が道徳。なるほどね。


    ただ、ここに出てきた思想家たちは素晴らしい考えをお持ちだけれども、実際に社会を変えることはできないのだろうなと、読んでて思った。

全22件中 1 - 10件を表示

僕らの新しい道徳のその他の作品

僕らの新しい道徳 Kindle版 僕らの新しい道徳 岡田斗司夫FREEex

岡田斗司夫FREEexの作品

僕らの新しい道徳を本棚に登録しているひと

ツイートする