小説 雨柳堂夢咄 ~はかなき願いは時間をこえて~

著者 :
制作 : 波津 彬子 
  • 朝日新聞出版
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022511263

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】骨董屋『雨柳堂』を訪ねたら、不思議な"彼"がきっと、おさがしの「縁」を見つけてくれる──大人気コミック『雨柳堂夢咄』初のノベライズ!オリジナルストーリーで贈るアンティーク・ロマンは、原作・波津彬子の描きおろしイラストも満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きな波津彬子さんの「雨柳堂」シリーズの小説版。
    どのお話のノベライズだろう?と思ったら、全編が時海さんのオリジナルとのことで、まずビックリ。私にとっては久しぶりの雨柳堂だったこともあり、オリジナルという言葉に心配したほどの違和感はなかった。
    小説という媒体ゆえ、漫画版に比べると、台詞や地の文で登場人物たちの心情を書きすぎの感があり、それが蓮や「骨董不思議因縁譚」のミステリアスさを減じている、と言われれば確かにそうなのだけど……だけど、時海さんの丁寧な筆運びに、原作に対する敬意と愛情を感じるのも確か。
    グラント先生や京助さん、大好きな釉月ちゃんも登場していてうれしい。

    三毛の母子猫、蒔絵の藤の手文庫、黒漆の文机に住む5人の親指小僧たち、絵に隠された秘密の想い……。
    すべての不思議因縁譚が、ひとつに収束する最終話の兄弟の関係が悲しかった。兄を支えにしていたとはいえ、自分の人生を捧げた弟の姿は切なく寂しい。

    読了後、波津さんの挿絵だけでは物足りなくなり、本家を再読開始。
    タニアと乙丸、松風花魁のお話は漫画で読んでみたい。

  • あたりまえだけど漫画より話が長い。もともと漫画が一話完結型の連載なのでひとつの話の決着が早いのだが、そのつもりで読んでると少しもどかしい気もする。ただ、違和感なく読めたのでそこはよかった。

  • 2013.11.30

全3件中 1 - 3件を表示

小説 雨柳堂夢咄 ~はかなき願いは時間をこえて~のその他の作品

時海結以の作品

ツイートする