銀の街から

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.38
  • (2)
  • (7)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022511324

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】朝日新聞紙上で15年間続く、同名の名物映画エッセイ連載を待望の単行本化! 邦画洋画を問わず、各国の多様な映画を1本ずつ取り上げ、作品の主題や社会背景、監督の作意、役者の妙について、著者ならではの人生観や深い思索を交えて語る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 観たことあるモノも
    観たことがないモノも
    実に魅力的に綴られている
    観たことのあるモノは
    あのワンシーンが鮮やかに
    思い浮かびあがってくるし
    観たことのないモノも
    きっと こんなふうなのだろう
    と 想像のスクリーンの中で
    勝手に楽しませてもらえる

    何にもまして すばらしいのは
    とりあげられた「映画」の
    秀逸なこと
    言い換えれば
    何回観ても 新しい発見がある
    そんな「映画」ばかり

    沢木耕太郎ファンにも
    名画座ファンにも
    読み継がれていく
    一冊になりそうです

  •  朝日新聞の連載が180回を超えた時に単行本化された。90本づつ『銀の森へ』『銀の街から』の2冊に分冊して書籍化。本書はその後半のほうだ。年代は2007年4月から2014年9月。

    ”私の友人たちを含めた多くの読者に、「その作品を見てみたい」と思わせるものにする”

     と、あとがきにあるようにオススメ映画を、プロット、見どころを説明しつつ種明かしはしないよう、上手に作品の魅力を語っているもの。
     とは言え、沢木の筆力を持ってしても、90本中、観たいと思った作品は、4作程度だった。映画はとかく好みが分かれるもの。ススメルのもススメられるのも難しい。

     さて、この連載時期は、自分史的にはアウトドアに精を出していた頃だったので(+後半は日本にいなかった)、鑑賞の機会が少なかった時代。鑑賞済みの作品はわずか12本。

    ボーン・アルティメイタム/ラースと、その彼女/スラムドッグ$ミリオネア/レスラー/わたしを離さないで/ブラック・スワン/猿の惑星:創世記/サラの鍵/天使の分け前/風立ちぬ/ゼロ・グラビティ/鑑定士と顔のない依頼人/

     ただ、この間、自分ではBESTと思う作品が3作含まれ、それなりに沢木評も良いのが嬉しい。
     『ラースと、その彼女』は、これでライアン・ゴズリング君のファンになった佳作。心温まる台詞がたくさんあって実にいい。
     『サラの鍵』は、その後、ナチスものなどを注意してみるキッカケになった。人にもよく勧めた名作だ。
     お気に入りの大どんでん返し系『鑑定士と顔のない依頼人』は、沢木も”私にとっても「今年の一作」ともいうべき作品”と評価が高い。

     映画評の部分は、以前『暮しの手帖』での連載をまとめた『世界は「使われなかった人生」であふれてる』のほうが、エッセイ風な導入があって、自然と映画評に繋がるような書きぶりが好きだったが、こちらは紙面の都合か、映画の話に絞られている感はある。
     どちらがどうという訳ではないが、まったく未見の作品に関しては、興味がまるで持てないような話しもあり、そうなるとエッセイとしてもあまり楽しめない。

     あと、面白いのは、「二つ」という言葉を使って、映画を捉えようとしているところ。

     『スラムドック$ミリオネア』では、”この映画について、私には二つの懸念があった”といい、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』は、”猿の物語ではない”それには、”二重の意味がある”という。
     『サラの鍵』は、”二つの時代のパリが交互に描かれて”おり、『別離』には”問いかけのシーンが二つ出てくる”のだそうだ。
     『天使の分け前』は、”私たちの多くにとって未知の二つの要素から成り立って”いて、『風立ちぬ』も、ゼロ戦製作と、新婚生活の”二つの要素から成り立っている”と。

     どうやら、沢木の映画理解のひとつの手法なのかも知れない。お気に入り『鑑定士と顔のない依頼人』は、”二度目に見ると(中略)印象が変わっていた” そうだ。

     沢木映画評のキーナンバーは「2」だな(笑)

  • 沢木耕太郎の朝日新聞に連載されていたエッセイ。原稿用紙にして5枚。わりと渋めの映画評が多く、観ていないのがほとんどだが、観たいな、と思わせてくれるのだから、あとがきにもあった「その作品を見てみたい」と思わせることに成功しているというわけだ。とりあえず、TSUTAYAで探すのに苦労しない作品でなおかつハズレの心配もなさそうな『ブラックスワン』を週末に借りてみよう。

  • 778.04

  • 知らない映画がたくさん出てきてビックリ。その前に映画の論評がベースの本と知ってもっとビックリ。
    いくつか観てみたい映画がありました。
    「風立ちぬ」の評価があまり良くないのは驚きでした…

  • 執筆の目的にのせられてるなぁと思いつつ,観たい映画がたくさんになった。落ち着いた感じの文章は本当に好きだ。

  • 沢木耕太郎の文ってなんか惹きこまれる。
    この”銀の森”映画評は朝日新聞に連載されている時から、読んでいたけど、一冊の本になってくれると読み応えがあって嬉しい。
    ノーカントリー、扉をたたく人、チェンジリング、モールス、少年は残酷な弓を射る、等など…観た映画もいっぱいあった。

    わたしを離さないで、鑑定士と顔なない依頼人、瞳の奥の秘密…観たい映画も沢山増えた。

  • 一本の映画へのコメントはそれほど長くないが、観てみたいと思わせる文章であった。私が観たことがあったのは「オーケストラ!」のみ。

  • その映画を観たくなるような映画評またはエッセイ集。作品もフィルタリングされてるから、ガイドとして手元に置いておきたい一冊。

  • サワーキが観た映画の感想。あらすじが大半を占める。
    「ぼくのエリ」のが好きだし、「風立ちぬ」が最後で全然構わないです。自分と真逆の印象をもつ映画が勿論あって、大変興味深かった。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

沢木 耕太郎(さわき こうたろう)
1947年東京生まれのノンフィクション作家、小説家。横浜国立大学経済学部卒業。大学卒業後、ルポライターとして活動、注目を集める。
浅沼稲次郎暗殺事件で刺殺された浅沼と、その犯人である少年を描いた『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。以後、バックパッカーのバイブル『深夜特急』をはじめ、スポーツや旅などを題材にした多数のノンフィクション作品、小説などを発表。2000年に初めての書き下ろし長編小説『血の味』を刊行し話題となる。
2003年これまでの作家活動で第51回菊池寛賞、2006年 『凍』で第28回講談社ノンフィクション賞、2013年 『キャパの十字架』で第17回司馬遼太郎賞をそれぞれ受賞。

沢木耕太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする