10年後、生き残る理系の条件

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.30
  • (11)
  • (13)
  • (30)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 248
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022511379

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  元東芝でフラッシュメモリーの開発に取り組み、事業を成功させた後に大学教授に転身した著者が考える、エンジニアに必要なスキルとは何かを解説する。

     著者はそれを「文系力」だと指摘する。

     エンジニアが、自分の技術力を対外にアピールできる表現力が必要だという。

     この考えは非常に重要だと、つい最近の自分の仕事でも思う。
     どうやったら自分の仕事をわかりやすく他人に説明できるのか。どうやって論理立てて説明するか。
     そういった、プレゼン力というのが理系の人間には(自分含め)弱いと思う。

     そういった文系力、アピール力をどうにかこうにか身につけようと、最近の本棚にはプレゼン関係の本が並んでいるわけですよ、付け焼刃ですが。


     一応、エンジニア?と聞かれればエンジニアな私ですが、残念ながら自慢できる技術力はからっきし持ちあわせておりませんのであしからず。

     自分が、これだけは負けないと自慢できるのは、羽よりも軽いフットワークの軽さと、学生時代から自認しております。
     何か面白そうなこと、興味がありそうなことがあれば現地に行って見る。自分の目で見て判断する。

     技術力なんて全くないけど、人よりも多く見聞きして使える使えないに関わらない知識量をどんどん増やしていく。
     それが俺の特性なので、それは伸ばしていこうと思いました。

  • 技術者と、研究室の運営という両面を経験している著者ならではの内容だと思う。指摘は鋭いが、愛情がこもっている。

    とくに半導体業界では企業の業績の浮き沈みは激しくなり、転職の機会も多い。
    そのとき、自分が何をできるかをそのまま伝えるのではなく、雇用する側から見た強みをアピールする必要がある、たいう点が印象に残った。
    難しいけれど、それができないと「この人が必要だ」と思ってもらえないだろう。

  • 東芝でフラッシュメモリの開発に携わり、その後大学に転じた竹内健さんの著作。元の所属である東芝の現在の状況を見ると、『10年後、生き残る理系の条件』というタイトルは重くなる。竹内さん自身辞めるときに東芝の凋落を予想していたわけではない。激しい変化を予想できないということを前提にして、リスクを分散しなくてはならないと説く。つまりは、「生き残る」ためには、所属する組織ではなく、個人で生き残るだけの力と決断力を身に付けるべきだということだ。またそれに加えて、変化することを恐れるべきではないと。変化をチャンスと捉える心構えこそが大事なのではないだろうか。

    著者とほぼ同年代の理系なので、冒頭に紹介される「電子立国日本の自叙伝」がNHKで放送され、半導体が「産業のコメ」と呼ばれていた著者が大学院を出て就職する時の状況はよくわかる。そのころ日本の独壇場であったDRAMはその後ほどなくしてほぼ撤退となる。世の中の変わる速度と方向は予想できないとするべきなのだろうなというのが腑に落ちる。

    最後に人事コンサルタントの城繁幸との対談が掲載されているが、読む前から二人は話が合うであろうことが想像できる組み合わせである。自分の市場価値を意識すること、エンジニアも自ら変わること、が重要だという。その通りだな。10年前に読んでいたら、何かが変わっていただろうか。

  • こちらも多分内容被ってるよなあ、と思いつつ手を伸ばしてしまった。まあ言ってることはごもっともなのでしょうが。

  • 転職を何回も勧められちゃった。

    ・変わることこそ自分の強み

    ・エルピーダとは逆に国が中途半端に支援を続けたばかりに組織改革が進まず、大量の人員削減や工場閉鎖が続いてジリ貧になった会社が多い
    ⇒会社の凋落と共に個人の価値が下がる前に飛び出す勇気を持つ!(ドキっ!)

    ・現場のエンジニアが行っている技術判断がビジネスでも大きな戦略分岐点になること有
    ⇒フラッシュメモリは完璧を目指すのでは無く、壊れることを前提にしたシステム。
    壊れることを前提にして、誤り訂正符号を持たせたことで安価で大容量を実現することができビジネスで大成功を収めた。
    ⇒エンジニアもマネタイズの視点を持ち、ソフトとハードの両輪でソリューションを検討/提案!

  • 「東芝・半導体業界にいた私」といった感じで、タイトルから期待される内容とはかなり違う。学生、新卒社員が心構えとして読むのは良いかもしれないが、社会人が今さらT型とか文系力とか英語とか言われても。キャリアから言ってもネタは山ほどあると思うのになぜこういう総論的な過去中心の話になるのか疑問。

  • 主にエンジニア向けに書かれた本ですが、30代の文系理系が読むべき本かと思います。変化に対応できる精神と人脈を持つこと、今ある状況は絶対ではないこと、心がけたいものです。

  • 20160208読了
    前著と基本的な主張は同じであるが、特に最近のメーカーを取り巻く事情を踏まえて書かれている様に思える。
    これからエンジニアが生き残るためにどうすればいいか、が書かれた本。

    ・自分の強みを抽象化する
    ・新しい価値を見つけるために様々な知識と経験を総動員する
    ・会社全体を最適化するリーダーシップ
    ・自分の市場価値を知る

  • いろんな分野をやる。学生の間は基礎的な理論を重視。
    協力しないと完結しないタスク。
    広い分野を学ぶことで生き残れる

  • 東芝でフラッシュメモリの開発をしてきた著者が、技術を掘り下げることによる、専門性の追求によるキャリア形成からの転換を語っている。

    あくまで、基礎知識や専門性を土台とした上で、視点を広げるための課題解決力や、一段上の視点からみた価値の見極めなどが本質的な課題となると説いている。

    エンジニアの視点からは、サービスに重きを置いた価値軸を、近接技術領域を含んだ横断的なソリューションにより解決していくことを示唆しているのだと思った。

全31件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

竹内 健(たけうち けん)
1967年生まれ、東京都出身。1991年東京大学工学部物理工学科卒業、1993年東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻修士課程修了、1993年(株)東芝研究開発センターULSI研究所研究員、2003年スタンフォード大学 ビジネススクール 経営学修士課程修了(MBA)、2006年東京大学大学院工学系研究科電子工学専攻論文博士取得(工学博士)。
2007年東京大学 大学院新領域創成科学研究科 基盤情報学専攻准教授に着任後、同大大学院工学系研究科電気系工学専攻准教授を経て、2012年中央大学理工学部電気電子情報通信工学科教授に着任。
NANDフラッシュ・メモリの研究開発に従事。東芝在籍の15年間に世界初の64M、256M、512M、1G、2G、16GビットNANDフラッシュ・メモリの商品化に成功。
書籍代表作として、『世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記』。

10年後、生き残る理系の条件のその他の作品

10年後、生き残る理系の条件 オンデマンド (ペーパーバック) 10年後、生き残る理系の条件 竹内健

竹内健の作品

ツイートする