内通者

著者 : 堂場瞬一
  • 朝日新聞出版 (2014年2月7日発売)
3.35
  • (4)
  • (25)
  • (31)
  • (7)
  • (1)
  • 170人登録
  • 27レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022511447

作品紹介

【文学/日本文学小説】妻を突然の病で亡くした千葉県警捜査二課の結城は、千葉県土木局と房総建設会社の汚職事件を追う。捜査は順調に進んでいたかに思えたが、情報提供者の思わぬ行動により、結城の生活自体が次第に脅かされていき……。

内通者の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 多少ぶっ飛んだところはありつつ、個人的には当たりだった。

    警察小説のようでいて、実は家族小説なのかなと。
    血縁なのか環境なのかという問いを突き付けられた気がする。
    家族のこと、仕事のことで揺れ動く結城、
    彼を支えるチームの存在とその在り方が
    ちょっとかっこいいと思ったりもした。

    椎名はものすごく頭の切れる男だなと。
    その頭脳を使う方向を間違えている、なんて軽いものではなく
    頭が切れる故にちょっと壊れちゃってる印象。
    彼が会社で受けている仕打ちの辺りでは同情を禁じ得ないかとも思ったが
    話が進むにしたがって薄ら寒さと狂気しか感じなくなってきた。
    若葉を拉致したときの彼女への態度とか、紳士的過ぎて怖かったし。

    結城は警察官として、というよりは父親として魅力的だった。
    彼が束ねるチームが新たに解決する事件を見てみたい気もするが
    これ以上魅力的なストーリーにはならないような予感もする辺り
    ものすごく複雑な気分である。

  • 一体どんな謎があるのかと思ったら...
    犯人も、事前の計画の割りには仕上げが雑すぎる

  • 久しぶりに警察小説が読みたいとなり、読んでみたがこれは警察小説というよりは何か別のジャンルのように感じる。それくらい警察要素が薄い。堂場瞬一ってもっと文章や作品にキレがあるのかと思ったらそんな事が全くなくて肩透かしをくらったような気持ちになる。

  • 千葉県警の結城孝道らのチームは房総建設の椎名からの極秘情報提供をきっかけに,県の会田部長と房総建設の藤田の間の収賄事件を追っている.結城がリーダーだが,椎名との接触は花岡に任せている.椎名の挙動に何か胡散臭いものを感じながら,そこそこ的確な情報でもあることから捜査は進展してきている.結城の妻 美貴の突然の死去で,娘の若葉とぎごちない会話を交わすことになる.若葉は「あんたは結城の娘じゃない」という謎の電話で悩むが父に確かめることは躊躇する.椎名が妙な動きを始め,若葉が拉致される.最後の場面で結城から真相を告げられた若葉の様子を記述する部分が良かった.

  • 201702

  • 贈収賄事件の内偵中に最愛の妻を病気で失った千葉県警捜査二課の結城は、いわれなき告発により自らの立場が揺らいでいく。そんな中、一人娘から助けを求める連絡が入り…。

    警察モノとはいえ捜査二課モノは強盗や殺人事件がないので派手さがないのは覚悟の上だったけど、それにしても魅力の少ない作品だった。中盤あたりで何となく結末も読めてしまったし。残念でした。
    (C)

  • 堂場瞬一の「内通者」
    後半は息をつく暇がないほど読み入ってしまいました。

    千葉県警捜査二課の係長、結城は妻と20歳の娘がいる。娘は東京の大学の法学部に自宅から離れ、一人暮らしをしている。
    千葉県内の土木会社、房総建設に勤める椎名から県庁が発注する津波対策工事に関する収賄に関する情報が寄せられる。
    椎名は、房総建設の先代社長に認められ、要職についていたが、先代社長が死亡し社長に就任した息子から閑職に追いやられてしまう。
    ある日、妻が務める小学校の教頭から電話が入り、脳幹出血で倒れたという。すぐに病院に駆けつけるが娘の若葉が到着する寸前に息を引き取ってしまう。
    椎名からのタレこみに結城は同行するが、椎名からどこかで会ったことがないか?と言われるが心当たりがなかった。
    椎名からは結城に直接会いたいという連絡があり、一人椎名の下に向かうが、、、、。
    椎名は結城を執拗に貶めようとする。
    若葉からは誰かに見張られているという連絡が入り、結城は若葉のもとに向かう。警視庁に依頼して、若葉の警護を依頼するが、警視庁の刑事の目の前で若葉は何者かに連れ去られてしまう。
    椎名と結城の関係とは?椎名と若葉の関係とは?

  • 作者のスポーツ物は読んだけれど、警察物は確か初めて。
    キャラクターが生き生きとしていて、文章、特に会話のリズムがいいのは共通していた。
    ただ、今回はちょっと話に無理があるというか詰め込み過ぎというか…。
    クライマックスが安っぽく見えてしまって残念だった。
    今回は合わなかったけれど全体的な作風は好きなので、他の警察物も読んでみたい。

  •  主人公である千葉県警捜査2課係長「結城孝道(40後半)」が直面する、県庁と地元建設業者との入札に関する収賄事件の捜査と、養子である主人公の娘の実兄が不遇な人生を送った事の逆恨みによる主人公への復讐劇、これら一見関連のない2つの出来事が1つに結びつく模様を描いたもの。
     警察内部の組織の役割や暗黙のルール、警察官個人の仕事の価値観、人間観察力や聞き込み力を詳しく描いている。
     その一方で、主人公が大学生の娘との関係を構築することの難しさを描いている。妻との死別(脳幹出血)により、これまで以上に娘と向かい合い、炊事、洗濯、雑務等も行う事になり、主人公は、あらためて、妻の存在の重要さを感じながらも、何とか娘と向かい合っていこうという人間描写がうまく描かれている。

  •  破綻感や非現実的な感じが、あまりない。
     それがちょっとかえってらしくなかったりする。

全27件中 1 - 10件を表示

堂場瞬一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

内通者はこんな本です

ツイートする