首相秘書官が語る中曽根外交の舞台裏

著者 : 長谷川和年
制作 : 瀬川高央・服部龍二・若月秀和・加藤博章 
  • 朝日新聞出版 (2014年2月20日発売)
2.33
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • 11人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022511492

作品紹介

【社会科学/政治】ロン=ヤス関係を固めた日の出山荘会談を設営した総理秘書官の回想録。「手作り外交」で中・韓、アジア諸国、欧州とも関係を強化し、史上最大の成果があった中曽根外交。冷戦構造の只中、安全保障、インテリジェンス、対外経済協力等外交の現場をつまびらかに語る。

首相秘書官が語る中曽根外交の舞台裏の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「中曽根外交の舞台裏」という題名ながら、語り手である長谷川和年氏の外交官人生全体が語られる。(後年の大使を歴任した時代はかなり省略されるが)

    ご本人には失礼ながら、全編を通り、我田引水な香りが漂う。が、大した活躍をされ、他国からも評価された方であることはその通りだろう。
    中曽根首相がいわゆる右寄りではなく、中道(というか中央)であったという長谷川氏の評価は世間一般の認識とはややずれるが、同首相以降大物宰相が希少であることも事実。

全1件中 1 - 1件を表示

長谷川和年の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山口 敬之
常井 健一
有効な右矢印 無効な右矢印

首相秘書官が語る中曽根外交の舞台裏を本棚に登録しているひと

ツイートする