あなたはまだ本気出してないだけ

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.41
  • (4)
  • (2)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022511676

作品紹介・あらすじ

【文学/その他】人生で一番大きな後悔は、本気を出さずに生きた後悔。毎日全力を出しきっているか?本気を出せる場所は誰にも必ずある。迷いがあるならまずは踏み出そう。一会社員から人生を劇的に変えた著者が「好き」をお金に変える生き方を指南する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 反省はしても後悔はしない

  • 【No.273】「誰でも手に入れられるものしか与えられない人は、お金をもらえない」「批判されるから、叩かれるから、といったたいしたことのない理由で、不本意な道を選択するのは、貴重な人生の無駄遣い」「自分やその周囲だけの狭い尺度を捨てて、広い視野で物事を判断することが必要」「ある程度の年齢を重ねてくると、多くの人は純粋さを失って、どうしても自分の今までの経験の範囲で物事を考えるようになる」「依存心の強い人と出会うと、ものすごく疲れる。情報や時間をこちらから提供するばかりで、話をしても楽しくないし、次第に連絡を取るのを止めてしまう」「スポーツ選手は、試合で最高のパフォーマンスを生み出すために、日々の練習でコンディションを整え、大会のために準備をする。サラリーマンの試合は何かといったら、9時から18時までの就業時間。だから試合のパフォーマンスを最高の状態に保つためには、これ以外の時間にはトレーニングをしなければならない。ところが、多くのサラリーマンは何もしていない。このような状態で試合に臨んでも勝てるわけがない」

  • 本気=ダサいというこの世の中に流されてたら、いつまでたっても後悔が増えるだけ。惑わされないように、外野の声に勝つ強い心を持とう。

  • 当たり前の事が多いけど、ヤル気がでる本。

  • チェック項目9箇所。終わりを意識するということは、何かに本気で取り組む際にはとても重要だと考えています、今の環境がいつまでも続くという認識は完全なる幻想です、すべては刻々と変化しており、今まで当たり前だったことが、これからは当たり前ではなくなることが山ほどあるわけです。会社の最大の目的は利益を生み出すことです、会社が社員のことを考えているなどというのは大間違いで、ストレスがつのらない程度に給与を微妙に上げたり、福利厚生を若干よくしたりしながらも、基本的には社員への支払いは可能な限り抑制することが前提です。何もしていないのに不平を言うことは、無意味どころか、自分自身の評価を下げ、会社での居場所をなくす可能性すらあります。職場の環境は、流動的です、誰か一人の異動だけで、がらりと変わります、さらに言えば、人間関係は職場だけではありません、上司との関係なんて、あなたの長い一生、たくさんの人間関係の中のほんの小さな一部分でしかないのです。本当にあなたが成長したいのであれば、相手の役職が下であろうが、年齢が下であろうが関係ありません、そこに無駄なプライドを挟む必要はありません、どんな相手であっても初対面からずっと敬語で接するべきです。すべての「結果」の根本は、「思考」なのです、そして「思考」というものは周囲の環境や自分が属するコミュニティによって形作られます、ですから、「付き合う仲間の平均収入が自分の年収になる」という現象は、所属するコミュニティで思考が同質化する現象によって起こるのです。批判されるから、叩かれるから、といった実はたいしたことのない理由で、不本意な道を選択するのは、貴重な人生の無駄遣いだと私は思います。無難な思考や行動を選んだところで、あまり損害はないと思うかもしれません、しかし、その結果は10年後、20年後に出てきます、その頃に、後悔しても残念ながら遅いのです。一時的にどうしても必要なお金を貸してあげるのは、その人を一瞬だけ助けられるかもしれません、しかし本当にその人を助けたいと思うのであれば、お金を貸すと共に、そもそもそのようになった原因を一緒に取り除いていくことをしなくてはいけないのです。本を読んで、著者の経験を追体験したまではいいのですが、自分が成功したつもりになってしまっている、これでは、宝の持ち腐れです、ぜひ、本を読んだら実践をしてみてください、実践するために読むからこそ、真剣に読むのであって、真剣に読むからこそ自分のスキルアップにつながるのです。

  • 本気になって生きてないと、100%後悔する人生が待っていて、

    そうならないために『どうするか?どう生きるのか?』って事が凄く伝わる本でした。

    僕は『自己投資編』が好きです!!

    学びを素直に『実践』に変えていきたいです。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

大学卒業後、一部上場企業に普通に就職しながら、副業でネットビジネスに目覚める。副業ではじめたビジネスがどんどん大きくなり、サラリーマンをやりながら年収が1億円を突破。ちょうどその頃、会社に副業がばれてクビに。そのときの話を本にした『クビでも年収1億円』(角川フォレスタ)は、10万部を突破し、シリーズ合計15万部。さらに、2作目『3年間で7億稼いだ僕がメールを返さない理由』(幻冬舎)も35000部を突破。現在、間違いなく、ネットビジネス界でもっとも力を持っている一人。

「2013年 『仮面社畜のススメ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あなたはまだ本気出してないだけのその他の作品

小玉歩の作品

あなたはまだ本気出してないだけを本棚に登録しているひと

ツイートする