いちろ少年忌譚

制作 : 二星天 
  • 朝日新聞出版
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022511874

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】八十上学園の高校生・佐々木いちろは放課後にコックリさんをしていたが、気づけば学校に閉じ込められてしまう。ブリッジ女、人体標本、異次元の鏡……学園に伝わる七不思議が、いちろに襲いかかる!ニコニコ動画で話題の、恐怖の大人気フリーゲームを小説化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大分前ですが原作ゲームプレイ済。
    少し…というか、結構設定が付けられているように感じました。記憶が曖昧なのでハッキリとは言えないのですが、原作よりも恋愛要素強め?
    関わってくるオリキャラもそうなのですが、幽霊たちのバックグラウンドも「こんなのあったかな?」と思うものがあり、「いちろ少年忌憚」としてはどうなのかなぁ…。
    とはいえ、オリキャラたちのキャラクター性は結構好きなので、ゲームを知らない、オリジナルとしてなら楽しく読めていたと思います。

  • ゲーム未プレイ、実況も見たことないです。
    黒史郎先生のファンで手に取りました。
    ので、「このキャラ、こんなんじゃないー!」とかならず、面白く読めました。

全3件中 1 - 3件を表示

いちろ少年忌譚のその他の作品

いちろ少年忌譚 Kindle版 いちろ少年忌譚 黒史郎

黒史郎の作品

ツイートする