偽恋愛小説家

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.58
  • (20)
  • (67)
  • (60)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 504
感想 : 66
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022511881

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】アガサ・クリスティー賞受賞の鬼才が放つ、連作恋愛ミステリー。「シンデレラ」「眠り姫」「人魚姫」「美女と野獣」という、誰もが知っている恋愛物語になぞらえて、新進気鋭のイケメン恋愛小説家が殺人事件の謎を解き明かしていく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 偽疑惑をかけられた新人小説家と彼の担当新米編集者のペアによる、おとぎ話の解体&謎解きストーリー。

    著者の「黒猫」シリーズでのポオ作品解体が好きなので、こちらも読んでみました。
    よく知られたおとぎ話の解釈は、なかなか黒かったです…といっても、そもそもグリム童話などは恐いお話が多いから黒くなるのも納得。
    「アンデルセンが『このウンザリな世の中め』と唾を吐いている最高なロックな小説」が「人魚姫」、との解釈には、従来の人魚姫の悲恋物語のイメージをひっくりかえされました。
    よく知られている童話も、見方が変わると面白みも増します。

    全体のストーリーは、できすぎている感が否めませんでしたが、そもそもおとぎ話だってできすぎた展開なのだと思ったら、そんなに気にならず読めました。

    森晶麿さんの描く探偵役の男性は、みんな容姿端麗かつクレバーかつシニカル…と同じような傾向なのだけれど、それでも目が離せない私はミーハーなのかな…

  • 『シンデレラ』『眠り姫』などの童話をモチーフにして謎を解く。
    えぇ、そんな解釈もあったのか、と思うと元の童話をもう一度ちゃんと読まないとなと思ってしまう。子供の頃に読んだお話はざっとしたストーリーしか覚えていなくて細かい箇所になると「そうだったっけ?」という感じだもの。
    同じ作者のほかの本も読んでみたい。

  • 読みにくい
    合わなかったせいか、余計にわかりづらく面白くなかったなー。
    まどろっこしすぎる

  • 森さんはどうしてこうじれったいようなもどかしいような描写をされるんだ…好きだ…

  • 面白かったです。
    とりあえず、初版が奥付の著者名誤植してただろうってことはわかりました。

    ミステリですね、これは。
    恋愛小説っぽい皮を被った。
    まさに作中作の作中。
    何言ってるか自分でもよくわかりませんが。

    童話モチーフの話については、本当は○○なグリム童話、とか読んだことがあったのでなんとなく記憶にあったりなかったり。
    そういえば、美女と野獣の実際の話読んだことないなあと思い出しました。

    とりあえず人間って怖いですね。

  • 『黒猫シリーズ』より分かりやすいし、各童話のブラックな解釈は好みだし、意外性もあり面白かったです。ただ、登場人物の立ち居地(黒猫≒夢宮、付き人≒月子)や物語の分析(ポー作品と童話)、人物名が明らかにされない所などが、黒猫シリーズと被るかな。続編が出るようなら読みたいと思います。

  • ラブンガク賞を受賞した夢センセと編集者の月子。夢センセの担当となった間に巻き込まれたトラブルを、夢センセは、おとぎ話の解釈をしながら、謎解きに迫る。自分が偽物だったらどうする?とつぶやく夢センセ。そして、夢センセ自身が偽物なのではないかという疑惑が持ち上がり...。
    解釈の仕方も面白かった。いつもは口だけの調子のよい大人の男である夢センセが何気に月子を守るところも読んでてちょっと気になるところ。そして、夢センセ自身が書いた作品の内容を読んでいて、何だか違和感を感じていたら、そういうことだったのかと最後は納得しました。
    偽恋愛小説家の意味も考えると、この作者自身が実感していることなのかもしれない。夢センセと月子のその後も気になるので、できれば次巻があるといいな。

  • いやー、そうきたかー。
    やられたなぁ。
    楽しめた、楽しめた。
    これ、ドラマ化できそうだけど。

    夢センセの童話解釈が、黒猫を思い出させた。
    黒猫の美学よりはぜんぜん理解できたし、面白い解釈だった。
    続編も楽しみに読もう。

  • 月子にはイライラしたけど、最後の現実の事件の犯人は誰だったのか?は想像していなかったから楽しめた。

  • すきだあ!
    シンデレラモチーフの一話の被害者のものすごくあっさりとした救いのなさに、のっけから大層ショックを受けた。
    が、童話解釈のシニカルさ(むしろ痛快)と、ラブコメ的主人公コンビのキャッチーな可愛らしさのバランスがとても良くて、結局なんだか夢のあるせかい。浸る。

    「書いているあいだ」の辺り、夢センセてばああ見えてロマンチストである。可愛い。
    「それでじゅうぶん」って物凄くわかる……が、それってややもすれば気持ちわるい?イケメン無罪?

    2016年に「ホテル・モーリス」を読んで、合わない作家さんぽいと認識していたのだけれど、勿体なかった……。
    こんなに素敵な作品があるならもっと早くに読んでいれば良かった。
    今回思い切って手に取ってみて良かったー!

全66件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1979年、静岡県浜松市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。ライターとして漫画脚本などを手掛けながら小説の執筆活動を続け、『黒猫の遊歩あるいは美学講義』で第1回アガサ・クリスティー賞を受賞(早川書房刊)。同作は続刊も刊行され、「黒猫シリーズ」として人気を博している。ほか、『名無しの蝶は、まだ酔わない』(角川書店)の「花酔いロジックシリーズ」、『ホテル・モーリス』(講談社)、『偽恋愛小説家』(朝日新聞出版)、『かぜまち美術館の謎便り』(新潮社)などがある。

「2021年 『使徒の聖域』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森晶麿の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×