つい考えすぎて損する人のための 「バカになって動く」技術

著者 : 濱田秀彦
  • 朝日新聞出版 (2014年11月20日発売)
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022512307

作品紹介

【社会科学/経営】1万人のビジネスパーソンと研修で出会ってきた著者。最近、30~40代に「考えるだけで動かない」「口だけで行動しない」という「分析型人間」が増えたという。その人に向け、どうやったら「動く人」に変われるかを具体的に示す内容。

つい考えすぎて損する人のための 「バカになって動く」技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「話を聞くときのリアクションは大きめに」「目を見て会話できるようにする」は、仕事の中でも大切な部分なので早速実践していきたいです。
    他のタイプとの付き合い方に関する章もあり、分析型にとっては社会でのサバイバル指南書といえる存在です。

  • 分析型人間は競合も多く、(否定的なことを言いがちで)暗く見られがちなので、損をすることが多い…と。注意しよう。

  • ソーシャルスタイルという「思考-感情」と「主張-配慮」の2軸による4タイプ(推進型、分析型、表出型、友好型)のうち分析型の人のための本。理論やデータを好み、慎重にものごとを進める参謀タイプの分析型の特徴と他のタイプと上手くやるためにどのようなことをし、多才性を高めればよいのかが示されている。
    読み始めて自分自身は分析型ではない(念のためにウェブで診断すると友好型:慎重だけど深く考えるのは苦手)と自覚され、必要な情報ではないと感じた。
    15-11

全3件中 1 - 3件を表示

つい考えすぎて損する人のための 「バカになって動く」技術のその他の作品

濱田秀彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
リンダ グラット...
又吉 直樹
アーノルド ベネ...
中村 文則
有効な右矢印 無効な右矢印

つい考えすぎて損する人のための 「バカになって動く」技術はこんな本です

ツイートする