私はテレビに出たかった

著者 : 松尾スズキ
  • 朝日新聞出版 (2014年12月5日発売)
3.50
  • (8)
  • (18)
  • (21)
  • (7)
  • (0)
  • 154人登録
  • 25レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022512383

作品紹介

巨大外食チェーン店「肉弁慶グループ」の人事部に勤める倉本恭一は本人役で会社のCMに出ることになった…のだが、当日まさかの遅刻で大失態をおかして代わりに上司が出演することに。
そこから恭一の「テレビに出たかった」気持ちが爆発、芸能事務所に入ることに。
恭一の身辺が少しずつ変化する中、小学6年の娘、エリカの様子がだんだんおかしくなっていき……
今まで普通に生きてきた恭一の人生の歯車が狂い出す。
松尾スズキが描くサラリーマン小説!
朝日新聞夕刊連載の書籍化。著者10年ぶりの長篇小説。

私はテレビに出たかったの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この内容、新聞連載って。朝日やるなぁ。

  • 外食チェーンの人事部に勤める主人公は、自社CMに出演するチャンスを逃してしまう。自宅ではTVを見ない生活をずっと続けていたのだが、そのことをきっかけに「TVに出たい」欲がムクムクと湧いてきて、ついには劇団にまで所属するようになる。
    一方、彼の娘は小学校のクラスを束ねるリーダー。正義感が高じてトラブルに巻き込まれていき、それがやがて父親の劇団や別の事件と一体化していく……。
    自分や娘と年齢が近いせいか、それぞれタイプこそ違うもののやけに親近感を持って読んでしまった。主人公の恭一が最後に夢をかなえるシーンとそれに向かう執念が、忘れていた青春の1ページを思い起こさせるようでもあった。
    とにかくストーリーのテンポが抜群で、会話もいちいち笑える。さすが松尾スズキ、としか言いようのない面白さ!

  • 笑わせてやろうというノリにちょっとのれなかったがなかなかよかった。

  • 著者の作品、映画くらいしか、見たことがなかったので、新鮮だった。
    テレビに出たいやつなんて変態だと言っていた人が、実は一番テレビに出たがりだった。
    こういう矛盾が、人の中には溢れていて、自分でもその矛盾に気づかないことが多い。そして、苦しめられているのにも気づかないこともあるが、心ではどんどんその欲求は大きくなってきていて、いつか破裂してしまったりする。
    物語は、いろんなところに盛ってあったりあり得ないような設定をしてあるが、随所に現れる、先に述べたような人の本質のようなものを表現している部分については、特別な人の話ではなく、自分の身の回りもしくは自分の中でも起こりうる話なのかもしれない。
    たのしく読めた。

  • 何とかテレビに映りたくて奔走する、中年サラリーマンが主人公。
    さえない中年が四苦八苦、毎回あと一歩のところでテレビ出演を逃し続ける前半のどたばた劇は、荻原浩のおかしさにも似ている。
    これが途中から一転して、小学生の娘を取り巻く事件が勃発。子役もからめて上手くつながってはいるのだけれど、こちらに比重がかかりすぎ、前半の笑いが失速してしまったのは残念。タイトルどおりの路線をメインのままに突っ走ってほしかった。
    それから、上司のその後も見たかったな。

    作者について、テレビでのとぼけた味のある演技や、大人計画を率いていることは知っていたけれど、小説を読むのはは初めて。芥川賞候補にもなっているので、その辺りも読んでみよう。

  • 面白かったです〜『老人賭博』の登場人物もイィ味出してます。初めは芸能界に憧れつつ上手くいかないお笑い系のお話と思ったけど、家族愛ありミステリーあり…で引き込まれました。

  • 2015.6.16
    久しぶりにこういうバタバタしたエンターテイメントのを読んだ。
    後半の畳み掛けるような展開が非常に楽しい。

  • 私は、むかしっから大人計画が大好きで、バイトしつつ舞台に立ってたころからクドカンの大ファンだけれど、文章だけは松尾さんのほうが好きだし、ウマいなあ、といつもおもう。テレビブロスを買ってたころだって、いつも一番に(ていうか、一番最初にあるから、ってのもあるけど)松尾さんの連載を読んでた。

    やっぱすごい。ほんとに笑えるし、お話はファンタジーでも伝えてることはとてもリアル。人と弱くて汚くて目をそらしたくなる部分を、笑い飛ばしながらも温かく見つめて、人間て愚かでかわいいな、と思わせてくれる。そういうところがみえる人って魅力的だな、とも。

  • このくだらなさや自意識過剰気味のワクワクさを持ちこたえる力量が、大好き。ハッピーな結末過ぎる気も。

  • やー面白かったです。
    最初なかなか面白く思えなくて途中で読むのやめようかと少し迷ったけど、エリカちゃんでてきたあたりからグングン面白さが増してきて私の大好きな疾走感を味わいました。
    一冊読むのにいつになく時間がかかってしまったけど、読んでよかったです。

全25件中 1 - 10件を表示

松尾スズキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

私はテレビに出たかったに関連する談話室の質問

私はテレビに出たかったを本棚に登録しているひと

ツイートする