ダナスの幻影

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.45
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 29
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022512444

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】高給取りの夫と可愛い子供に囲まれ、"ミセス・パーフェクト"の称号を持つ主婦の玲花。高校時代の同級生の死をきっかけに、その完ぺきだった日常が崩れ始め……。『女性秘匿捜査官・原麻希』シリーズの吉川英梨が贈る新感覚ミステリー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 百田尚樹氏のような短いセンテンスで歯切れよい文章は心地よく好きですが、この作品は中途半端で内容も面白くなかった。「十三階の女」は素晴らしい作品だっただけにガッカリ。

  • セレブが集まる高級集合住宅地でミセスパーフェクトとよばれる玲花。封印していた玲花の過去がよみがえり。
    登場人物の誰にも共感できなかった。ただ不快な感情だけが残った作品。

  • んー。。あまり好きな話ではなかったかも。。

  • 残念。アゲハシリーズは良かったのになぁ。
    なんか無理した感が…真面目な人が無理した感。
    こういうのはもういいや。
    挑戦するなら、あと同性愛あれば完璧だった?
    世の中にはもっとヤバイやつはいる。ヤバイとも思ってないから、小説にもしない。

  • なんだかすごい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1977年、埼玉県生まれ。2008年に『私の結婚に関する予言38』で第3回日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞し作家デビュー。著書には、「女性秘匿捜査官・原麻希」シリーズ(既刊11冊)「警視庁53教場」シリーズ(既刊2冊)『ダナスの幻影』『葬送学者 鬼木場あまねの事件簿』などがある。取材力に優れエンタメ魂に溢れる期待のミステリー作家。本作は「水上警察」シリーズの第4作。

「2018年 『海底の道化師 新東京水上警察』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダナスの幻影のその他の作品

ダナスの幻影 Kindle版 ダナスの幻影 吉川英梨

吉川英梨の作品

ツイートする