ゆるい生活

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.51
  • (34)
  • (88)
  • (92)
  • (25)
  • (4)
本棚登録 : 827
レビュー : 98
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022512499

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 50代はまだ先だけど、今から生活を見直した方がいいんだろうなぁと思った…。特に食生活…。

  • ある日群さんは、しばしばめまいに襲われるようになります。
    気になって知り合いに紹介された漢方薬局で治療を受けることに。
    この場合の薬局というのは、単に薬を売るところではなくて、治療院です。
    患者の顔色、体のむくみ、そして聞き取りなどから病状を判断し、主にリンパの流れを促す治療と調合した漢方薬の処方です。
    群さんはかなりの甘党のようで、執筆中も紅茶とおまんじゅうを傍らに常備して、何の制限も無しに食べておられた結果の不調らしいです。
    治療と薬の他に、甘いもの断ちと水分摂取の制限を日常的に義務づけられ、様子を見ることになりました。
    つい誘惑に負けて、甘いものを食べた次の来院時には、きっと先生に見破られるし、きちんと言いつけを守った日には、調子がいいというふうに、体はとても正直にできているんですね。それを一目で見破る先生もすごい。
    こういう症状には、○○がよい、こういうときには○○を飲む、と具体的に漢方薬が記されているけれど、それらは誰にでも当てはまるわけではなくて、体質によって向き不向きがあるんですて。
    まさに群さんが体を張って漢方の威力を証明するかのような一種ハウツー本です。
    毎週リンパの治療と、各種の薬と、日々の節制のおかげで、群さんは健康を取り戻し、リンパの滞りを解消したおかげで、スリムな体も手に入れられたのでした。
    あ~こんな治療院、私も行きたい!!と多くの読者が思われるであろう事を想定してか、巻末には「本書に出てくる治療院は紹介できません」と言うようなことが記されています。ガックリ・・・
    と言うことは実在するんですね、私も行きたい~~!

  • 全然ゆるくないし!
    身体に悪いと言われることをどんどん排除すると
    不調に敏感にはなるのだろうけど、過敏になるのはいやだなぁ。
    体調が悪いのはアレを食べたからだろうな、とか
    そんなことばかり考えて生きていても楽しくない。
    80歳くらいならまだしも、群さんの年齢でこんな生活?

    独り言を推敲することもなく1冊の本にしただけ、みたいな内容で、途中まで読んで返却。

  • 最後の方は全然ゆるくない…ぞ…

  • 漢方薬局でリンパマッサージを受けられるなんて羨ましい。内容はよい本だが、繰り返しが多くて終わりの頃には飽きてしまった

  • 私も似たような症状で似たような漢方薬を処方されているので、あるある!と納得したり、ここは自分とは違うなぁなどと思ったりしながらおもしろく読んだ。東洋医学を受けた人なら実感しているだろうけど、一人ずつ体質も症状も処方も異なるので、この本を読んでそのまま真似したからといって自分の体調がよくなるわけではない。情報に踊らされず自分の身体に向き合うことがいちばん大事。だから「健康ネタ本」ではなく、あくまでも「エッセイ」なのだと思う。

  • 予約済み:品川区図書館

  • 気になっていた本。一人一人状況はちがうと言いますが、冷たいものが欲しいと思ったとき、もっと細かく状況を観察してみようと思いました。興味がわく本でした。

  • ぜんぜんゆるくない生活。

  • ペンネーム:M・Kさんからのおすすめコメント

    人生腹八分目が一番。。。(=^・^=)
    なんとなく具合の悪い人、「減らす」ことで変わるかもしれません。のんびりゆったりしつつ、ためになることも色々のっている本です。

    OPACへ ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000024793

全98件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

群 ようこ(むれ ようこ)
1954年、東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。広告代理店に就職するが半年で退職。6回の転職を経て「本の雑誌社」に事務職で入社。やがて本名で『本の雑誌』に書評を執筆しはじめ、1984年『午前零時の玄米パン』でデビュー。同年退社し、作家専業となる。
代表作として映画のために書き下ろした『かもめ食堂』、ドラマ化された『パンとスープとネコ日和』など。

群ようこの作品

ツイートする