ゆるい生活

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.51
  • (34)
  • (88)
  • (92)
  • (25)
  • (4)
本棚登録 : 827
レビュー : 98
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022512499

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • むかーし手に一度取って立ち読みしてて面白そうと感想を残したままだったけど文庫化したみたいなんでようやく買って読んでみた。

    面白かった。漢方とかに興味があるわけではないんだけど、東洋医学で体の不調を診る、治すということは、症状をなくすことではなく、原因を探り除去するということ。

    人の体の不調は多くは生活習慣から来ていて、それは食べるものだけではなく、思考スタイルや生活リズムの整え方まで様々。

    筆者は水を体に溜め込みやすい体質だったようでそれに気づかず甘いものを片手に執筆活動をしていた。砂糖は空気に触れるとドロドロになって溶けるけど、それはつまり体に入っても同じ。

    舌をべぇと出して、舌の端側に歯の跡がついていたら水分多寡の印として、水分量の調節、また生活習得からリズムまで全生活を見直すことに。

    年を取ると昔と同じように飲み食いしてたらだめなんだよね。私も最近食べすぎた日の翌日は体が重くてだるい。

  • 面白かった♪(´ε` ) 漢方すごいなー! この先生に通いたいって思っちゃうよなー( ^ω^ ) わたしもきっと水溜まってるな、大量に(^_^;)

  • 群ようこさんの漢方生活のエッセイ。
    へー、と思えることばかりで勉強になった。
    砂糖を摂りすぎると体に水が溜まり、代謝が悪いと浮腫んだり目眩がしたり…
    わたしも別のことで漢方を飲んでるが、飲むだけで食生活などを改めて無かったので、これからは改めることにする。
    お菓子も大好物だけど、気をつけることにした。
    それにしてもやはり群さんの書く言葉は楽しい。

  • 漢方で体を改善したという話が、少し面白おかしく書かれている。
    自分が口にしているものが自分の体を作って行く。食べ物には気を付けようと思う。
    五行については気になり、ネットで色々調べてしまった。自分の体質が分かる。自分の体質を知り、気を使っていくのもよい。
    群さんの本は書き口が面白く、読みやすいので、また読んでみたい。

  • 私自身が、ずっと漢方にお世話になっているので、内容に興味があり読んだ。

    そうそう!と、共感する事が多かった。

    私を診て下さってる先生とも良く話すのだが

    自分の体の事は自分自身でしか分からない

    ってこと。

    まずはもっと自分の体調に対して興味をもつのが良いと思う。
    この本は、更年期の体調について書いてあるけど、ほかの体調の変化についても勉強になると思う。

  • 健康に生きるって大変だな〜と思ってしまった。
    食について考えさせられる本でした。
    もちろん漢方にもとても興味深かったけど、それよりもまずは自分の体と向き合って、何事もやり過ぎないようにすることが肝心なのかなと。
    でも、群ようこさんここまで節制出来るのすごいです。「ゆるい生活」というタイトルだけど、あんまゆるくない。
    みをつくしシリーズでも、食は人の天なりという言葉が印象的で、食について考えさせられたけど、より一層興味が湧きました。
    食や栄養についての本も、これから読んでみたいと思いました。あと冷えについて。

  • 50代はまだ先だけど、今から生活を見直した方がいいんだろうなぁと思った…。特に食生活…。

  • ある日群さんは、しばしばめまいに襲われるようになります。
    気になって知り合いに紹介された漢方薬局で治療を受けることに。
    この場合の薬局というのは、単に薬を売るところではなくて、治療院です。
    患者の顔色、体のむくみ、そして聞き取りなどから病状を判断し、主にリンパの流れを促す治療と調合した漢方薬の処方です。
    群さんはかなりの甘党のようで、執筆中も紅茶とおまんじゅうを傍らに常備して、何の制限も無しに食べておられた結果の不調らしいです。
    治療と薬の他に、甘いもの断ちと水分摂取の制限を日常的に義務づけられ、様子を見ることになりました。
    つい誘惑に負けて、甘いものを食べた次の来院時には、きっと先生に見破られるし、きちんと言いつけを守った日には、調子がいいというふうに、体はとても正直にできているんですね。それを一目で見破る先生もすごい。
    こういう症状には、○○がよい、こういうときには○○を飲む、と具体的に漢方薬が記されているけれど、それらは誰にでも当てはまるわけではなくて、体質によって向き不向きがあるんですて。
    まさに群さんが体を張って漢方の威力を証明するかのような一種ハウツー本です。
    毎週リンパの治療と、各種の薬と、日々の節制のおかげで、群さんは健康を取り戻し、リンパの滞りを解消したおかげで、スリムな体も手に入れられたのでした。
    あ~こんな治療院、私も行きたい!!と多くの読者が思われるであろう事を想定してか、巻末には「本書に出てくる治療院は紹介できません」と言うようなことが記されています。ガックリ・・・
    と言うことは実在するんですね、私も行きたい~~!

  • 気になっていた本。一人一人状況はちがうと言いますが、冷たいものが欲しいと思ったとき、もっと細かく状況を観察してみようと思いました。興味がわく本でした。

  • ペンネーム:M・Kさんからのおすすめコメント

    人生腹八分目が一番。。。(=^・^=)
    なんとなく具合の悪い人、「減らす」ことで変わるかもしれません。のんびりゆったりしつつ、ためになることも色々のっている本です。

    OPACへ ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000024793

著者プロフィール

群 ようこ(むれ ようこ)
1954年、東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。広告代理店に就職するが半年で退職。6回の転職を経て「本の雑誌社」に事務職で入社。やがて本名で『本の雑誌』に書評を執筆しはじめ、1984年『午前零時の玄米パン』でデビュー。同年退社し、作家専業となる。
代表作として映画のために書き下ろした『かもめ食堂』、ドラマ化された『パンとスープとネコ日和』など。

群ようこの作品

ツイートする