超一流の常識 ビジネスに効く教養としての「中国古典」

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022512567

作品紹介・あらすじ

【社会科学/経営】準備、組織、ライバル、交渉、人の動かし方、社内の壁……仕事でぶつかる悩みにはすでに歴史に答えが出ている! なぜ一流のビジネスパーソンは歴史・古典を読んでいるのか。ケーススタディーを交えゼロから解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中国の兵法の考え方を現代版にアレンジし、実例も紹介されるので分かりやすい。

    日々の仕事にモチベーションを保つためには細かく目標を作ること、などが参考になった。

    実例では、ワコール社長の社員との軋轢から来るエピソードがなんとも粋だなあと感心。
    自分が100%相手を信じて、相手からも信じてもらえる、今後の良い教訓になりそう。

  • ビジネスに携わる上での悩みを7つの章立てにし、各々について中国古典にその解を見出す。内外の著名な経営者のエピソードを交え分かり易く解説しているが、古典の紹介としてはあっさりしておりインパクトは少ない。

全2件中 1 - 2件を表示

超一流の常識 ビジネスに効く教養としての「中国古典」のその他の作品

安恒理の作品

ツイートする