吹けば飛ぶよな日本経済 破綻後の新しい国をつくる

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022512611

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】日銀の国債買い支えはもう続かない。1千兆円を超える借金で、日本はハイパーインフレの大混乱を迎える。その後の新しい経済をどうつくるか。この国が本来持てる力をどう発揮するか。経済金融の泰斗が「来るべき日本」を語りつくす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 如何に日本が為替戦略を欠いていたが良くわかる。デフォルトに向け、個人財産の対策が必要。

  • 今迄の本と基本的に同一内容。国会での答弁が少しは目新しいか。政府も行政もアベノミクスとやらへの危機感は全く無いか、さもなければ判っていて無視していることがわかる。綱渡りはいつまで続くのか。兎に角、少しでも個人防衛するしかないという現実は変わらない。

  • 藤巻さんの最新刊。書かれていることは以前から一本筋を通しています。円安論の方ですからね。。自分も根本的には同意見です!!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

フジマキ・ジャパン代表取締役、参議院議員

「2017年 『日銀危機に備えよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吹けば飛ぶよな日本経済 破綻後の新しい国をつくるのその他の作品

藤巻健史の作品

ツイートする