EPITAPH東京

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.95
  • (9)
  • (42)
  • (113)
  • (50)
  • (11)
本棚登録 : 580
レビュー : 106
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022512673

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】東日本大震災から東京五輪へ。変貌していく東京。この街を舞台にした戯曲「エピタフ東京」を書きあぐねている"筆者"は、ある日、自らを吸血鬼だと名乗る謎の人物・吉屋と出会う。吉屋は、「東京の秘密を探るための鍵は、死者です」と筆者に囁きかけるのだが。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物語というより、旅行記、日記的な感じ。
    なので、読んでいると自分も一緒に移動しているような気になり、東京のその場所へ行ってみたくなる。
    本当にそうなっているのか確認しに。
    そして、ところどころ物語、戯曲が挟み込まれている。
    1冊で色々なことをいっぺんに体験した感覚。
    他人の日常ってこんな感じ!?

  • ものすごく恩田陸。

  • 私は、それなりに、中々の年季の入った、恩田陸ファンを自負しているものである。
    その立場から言うと。
    これは「全く同じ理由を以って、恩田ファンは大好きで、恩田さん嫌いは嫌いな本」である。
    もう、もう、もう、これはすごく好き!!!

    東京という都市にふさわしいエピタフ(墓碑銘)を探して。
    「東京という都市」に対する、恩田さんのエッセイにも思える。
    恩田さんは、東京の隅々を、こんな風に見て、考えてるのかしら。
    移り変わって行く都市の姿を。
    そこで生きて、死んでいく人間の姿を。
    そこで生きて、死んで、また生きて、再び死んで…そんな風に見ることができるなら、東京はどう見える?

    恩田さんのアイディアや思考が、何ピースにも散らばって、重なっているようで違う場面で、ぽつりと浮かび、ちょっとした波紋を残していく文章の数々。

    私は、恩田さんがキラキラと撒き散らしたピースの数々の中から、お気に入りを拾い出して、自分の視野を拡張して、私が住む都市と、私の墓標について、考えるだろう。

  • 一般的な小説が、時系列に沿って連綿と繋がっていくものだとすると、本作は無数の断片が積み重なっていくもの。
    本作中に描かれる断片だけでなく、過去の恩田陸の著作や、これまで自分自身が感じてきたこと、見てきたことなど、すべて重ねて、各断片の共通する点が混ざり合い、反する点が反発しあい、複雑な文様を作り出していくことを感じてそれを楽しむ。
    そういう小説。

  • 震災後の“東京”を多角度から描いた恩田陸さんの最新長編小説。

    始めのうちは、いったいこの話のスタンスはどこにあるの??と、あまりに取りとめのない話の進み方に戸惑ったけれど、段々にパズルがはまるように見えてくるものがあり、特に、自称「吸血鬼」の吉屋(ヨシュアと読めたりもするところがいいよね。)の不可思議さ&面白さに、新しい物語を読む楽しさを味合わせてもらった。

    恩田さんを思わせる“筆者”が、東京を主人公にした戯曲をあれこれ逡巡しながら書き進め、また、その脚本が劇中劇よろしく語られるところもよかった。(#^.^#)

    筆者とその友だちB子が東京をそぞろ歩く話、「趣味で」人相見をする“新橋の狐”さん、(たぶん)ゴジラが東京に上陸してしまうその夜の恐ろしさと同時に滑稽さ、など、SFなのか、エッセイなのか、エンタメ小説なのか、その混沌さがとても面白かった。
    今、一度読んだだけなので、これからもう一度読み直します。きっと二回目の方がずっとこの奥行ある話を楽しめるだろうから。

  • なんだろう、どーゆースタンスで読めばいいのかサッパリ。
    恩田陸、斬新すぎる。装丁もなにもかも凝っていて素敵だけども本当に待ちに待っていた長編新刊で期待値も高かかったのに、予想とはかけ離れた内容で戸惑うばかり。
    戯曲の部分みたいなあーゆーのが読みたかった。
    戯曲を作るための「筆者」の日々を描いた作品ってことなのだろうか?

    でも何はともあれ、恩田陸の長編新刊ってことですべてよし。

  • ひとつの作品を執筆中の作家って、こんな感じなんだろうか…という、読者の覗き見的好奇心は満たされるかもしれないと思った。いろいろなピースが積み重なって、モザイク画のように物語が構築されていくのは面白いんだけども…自称”吸血鬼”の吉屋というキャラクターも面白いんだけども…突然現れた怪獣に???とさせられてしまい、あぁ恩田陸だ…といういつもの読後感でした。…いま気付いたけど、怪獣ってのは要するにあの地震+津波のことだったのか…(^-^;

  • 恩田陸独特の視点で、震災後の東京を見る。街を人を歴史を見る。そこに交差してくる吸血鬼やら戯曲やら怪獣?やら。東京にふさわしい墓碑銘とは何か。物語の種がそこらに撒き散らされ芽吹く。実に恩田陸らしい作品。

  • この本を読み始めて最初に感じたことは、ジャンルがよく分からない、というものだ。恩田陸の小説ではよくあることだが、これは全ページを読み終えた今でも、読んだ感想がまだよくまとまらないでいる。東京の様々な場所を巡る登場人物、戯曲「エピタフ東京」の内容とその構想を練る筆者、吸血鬼と名乗る吉屋の話がぐるぐる。一言で言ってしまえば、著者の東京観が垣間見得るような作品と表現できるだろう。戯曲「エピタフ東京」も、全部読んでみたいと思った。

  • 私は、東京の墓碑銘を探す。そしてepitaph東京という戯曲。吉屋からの視点。う〜む、なんとなく読み進んでしまった。

全106件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

恩田陸の作品

EPITAPH東京を本棚に登録しているひと

ツイートする