パリジェンヌの薬箱

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.90
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022512727

作品紹介・あらすじ

「フィトテラピー(植物療法)」先進都市、パリの女性たちのキレイと元気のエッセンスが満載!彼女たちの美容&健康観、植物の常備薬、行きつけのハーブ薬局etc…

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ■パリジェンヌの、こころとカラダの整え方。

    「美しい人は、植物の力を知っている」という一文が帯に書かれている本書。パリ在住・8人のセラピストから生き方や価値観を軸に、それぞれの植物療法についてインタビューしている。

    パリジェンヌの生き方って、なんて美しいんだろう。自分の限界やカラダとまっすぐ向き合えるなんて、なかなかできないこと。わたしも見習います、よき30代のスタートを切るために!

    本書の著者は、雑誌「婦人画報」で長年、美容・健康担当を経ていた女性ライター。とっても読みやすくて癒されるので、おすすめです。

  • 日本の漢方よりも、もっと生活に密着しているように感じた。毎日の食材を選ぶように、自分の体調に合わせて植物を選ぶ、それが身近なことなんだな。

  • 借りたもの。
    フランスのフィトセラピー(植物療法)を紹介する本。
    パリジェンヌが日常生活にどの様にフィトセラピーを取り入れているか、パリジェンヌたちの日常と、彼女たちの”薬箱”の中身を紹介。
    それはホリスティックなもの――生活習慣を見直す、食やリラックスタイムを大切にするライフスタイルの提案だった。

    フィトセラピーとは病気を予防するための補完、代替医療だった。
    ヨーロッパでこうしたものが見直されたり一定の評価があるのは、西村佑子『魔女の薬草箱』( http://booklog.jp/item/1/4635810089 )にもあるように、長い歴史の中で身近であった事、1960~70年代のヒッピー文化とエコロジーへの認知の高まりもあってだと思う。
    欧米からの科学医療だけを強く推すようになった日本でも、漢方などが見直されているのだから、こうしたものがもう少し肯定的に用いられるようになって良いと思う。

    フランスのフィトセラピー(ホメオパシーも)専門店も掲載。
    日本では法律、規制の問題もあって、なかなか“フィトセラピー専門”を掲げるお店が無いけれども、2015年に店舗を構えている場所も紹介。
    やっぱり日本ではコスメキッチン( http://cosmekitchen.jp/ )とかエンハーブ( http://www.enherb.jp/ )になるのだろう。

    巻末には女性の年代別に”薬箱”チョイスを紹介。
    ちょっと見習って、自分だけの”薬箱”を用意してみたい。

  • ちょっと試してみたい。

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 499.87@K102@1
    Book ID : 80100014275

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002466334&CON_LNG=JPN&

全6件中 1 - 6件を表示

パリジェンヌの薬箱のその他の作品

パリジェンヌの薬箱 Kindle版 パリジェンヌの薬箱 神津まり江

神津まり江の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
スペンサー ジョ...
佐々木 圭一
三浦 しをん
スティーブ・シー...
エラ・フランシス...
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする