マンガでわかる永続敗戦論

著者 :
制作 : 岩田やすてる 
  • 朝日新聞出版
3.29
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 57
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022512901

作品紹介・あらすじ

【社会科学/社会科学総記】7万部突破のベストセラーをついにマンガ化! 戦後の日本をおおってきた「永続敗戦」レジームとは何か!? そのエッセンスがマンガでまるわかり。集団的自衛権、TPP、領土問題、今後の日本を考えるためにも絶対に読んでおきたい一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本は敗戦を未だに認めていない。それは戦後にソ連、中国、朝鮮半島と迫り来る共産化の波を守る防波堤として、戦犯であっても国の要職に就けざるを得なかったから。その中の一人岸信介の孫が現在の安倍首相。なるほど、だから左巻きの人たちは必要以上に安倍さんのことを嫌うのかというロジックがわかった。本の前半はそこそこ面白かったし、ためになったが、後半はこじつけ理論が多く、結局のところ、著者は、登場人物の一人でバリバリ左翼の喫茶店のマスターを通して安倍批判をしたかったのかとちょっと残念だった。

  • ちょ、これはすごい!日本の永続敗戦レジームが丸分かる。原発再稼働や安保法案は、すべてこの問題につながってる。日本が70年前から間違った道を進んでいたなんて、信じたくはないけれど。http://zazamusi.blog103.fc2.com/blog-entry-1151.html

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1977年、東京都生まれ。京都精華大学人文学部総合人文学科専任講師。一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻博士後期課程単位修得退学。博士(社会学)。2013年に刊行した『永続敗戦論 戦後日本の核心』で第4回いける本大賞、第35回石橋湛山賞、第12回角川財団学芸賞を受賞。ほか、著作に『未完のレーニン <力>の思想を読む』『「物質」の蜂起をめざして レーニン、〈力〉の思想』『戦後政治を終わらせる』『国体論 菊と星条旗』などがある。

「2018年 『増補 「戦後」の墓碑銘』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マンガでわかる永続敗戦論のその他の作品

白井聡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
中村 文則
又吉 直樹
西 加奈子
佐々木 圭一
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする