18 きっぷ

  • 朝日新聞出版
3.34
  • (4)
  • (6)
  • (15)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022513236

作品紹介・あらすじ

迷い、いらだち、そして期待-。未来行きの切符を持って18歳たちは旅立った。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 十人十色。今を一生懸命生きている、その瞬間が収められた強い一冊。

  • +++
    人生の岐路を迎える18歳を撮影したモノクロのポートレート写真と、彼らの声を書き留めた。盲目の女子大生、バンドのボーカル、非行防止ボランティア、鳶職人、僧侶見習い、ダンサーなど、46人を紹介していく。
    壁や悩みに直面しながらも、新しい世界に向け、それぞれの一歩を踏み出す等身大の若者の姿を追った。
    書籍化にあたり、直木賞作家の朝井リョウによる書き下ろしロングエッセイ「18歳の選択」を掲載。

    本文中には、
    「朝井リョウからの質問、最近怒ったこと」
    「どういう大人になりたいか」
    「元気をくれる作品」
    「もし1週間自由に使っていいならば」
    「今いちばん欲しいもの」
    など、新たに5つの質問項目をもうけ、
    46人の若者たちの生の声を聞く。

    朝日新聞名古屋本社版に2014年から約1年間連載された「18きっぷ」、東海地方の新聞・通信・放送の加盟社からない中部写真記者協会の2014年度「企画部門賞」を受賞した好評連載が、ついに書籍化される!
    +++

    18歳というのは、ある意味これからの自分の人生の方向をある程度決定づける決断をする時期ではないだろうか。ひとりひとり違った境遇の若者たちのそんな時期の写真と、その時考えていたこと、感じていたこと、抱いていた思いが見事に切り取られていて興味深かった。巻末に載せられているそれぞれの一年後を読むと、彼らの変わらなさの中にある自由さと可能性をさらに思わされる。なんだかわくわくする一冊だった。

  • てっきり朝井リョウの小説かと。
    でも読んでよかった。
    冒頭の彼のエッセイはとても力強くて、なんだかこれまでの自分が歩んできた道を肯定してくれるような、味方でいてくれるような何かを感じました。
    今の自分は、これまでの自分が選択し続けてきた自分なんだよなぁ。
    迷い、悩んで、時に自暴自棄になりながら、私はずっと何かを選びとってここまで生きてきてる。
    正解かどうかは全く自信が無いし、後悔していることも正直たくさんあるけれど、どこかでふと今の私で良かったと思える日が来るのかもしれないですね。

    ここにでてくる18歳の少年少女のように、どんな大人になりたいか、もう一度考えてみたい。
    私が当時想い描いていた理想は、昨日のことのようにありありと思い出せます。
    だけど今は?今の私は何になりたいんだろう?
    18歳という時期を経て、今だからこそ分かることもある。
    自分自身と向き合うのは、きっといつだって遅く無い。

  • 東海地方に住む18歳を取材した写真集。
    みんな大人っぽいなと思いました。いづれはやりたいことのために東京や海外に出ようと思っているからでしょうか。
    朝井リョウさんは取材には一言の参加のみで岐阜出身だから選ばれたのでしょうね。巻頭エッセイだけでした。

  • 東海地方に住む若者たちのインタビュー集。巻末に1年後のみんなの顔も。

  • いろいろな18歳の今がつまっています。
    フレッシュなその感性に刺激を受けます。

  • 新聞に連載のシリーズ。いろいろな18歳たちに質問とインタビュー。朝井リョウは、巻頭の文章と質問をひとつしているだけ。
    2年後の彼らも巻末にレポート。

  • 朝井さんのエッセイ!ではなかった。
    最初に載ってただけだった。
    残念。

    18歳という年齢に
    スポットをあてた面白い作品だった。

    大人でもなく子どもでもなく、
    そして結構重要な人生の岐路。

    選択するのは自分自身。

    自分の人生を歩いてほしいなぁ。

    そうだ、もう選挙権が与えられる年齢だものね。
    大人の入り口だな。

  • 久々に一気に読んだ本。18歳。自分より年下だけど、みんな立派なおとなに見えた。かっこいい。はっとする。

  • あらら、図らずも・・・またまたノンフィクションでしたねーw

    「選択というものは、くだしたその瞬間、一瞬だけ光る。
    だが、生きている限り、選択は続いていくのだ。
    私たちは、選び、生き続けなければならない。」

    意外と、怒らないコが多くてビックリでした。
    プロとして活躍している子もいれば、夢に向かって邁進中の子もいるし、地道に働いている子もいる。
    みんな一生懸命生きているんだよなぁ~!
    若いっていいなぁ!と思いつつ読んでいたけど、若い時は若い時で、いろいろ大変なのよねー。
    私は、歳くった今が結構楽しいですww

全15件中 1 - 10件を表示

プロフィール

朝井 リョウ(あさい りょう)
1989年、岐阜県生まれの小説家。本名は佐々井遼。早稲田大学文化構想学部卒業。
大学在学中の2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、後年映画化された。
大学では堀江敏幸のゼミに所属し、卒論で『星やどりの声』を執筆。2013年『何者』で第148回直木賞を受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少。『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。
その他代表作に『少女は卒業しない』、映画化された『何者』がある。

18 きっぷのその他の作品

18きっぷ Kindle版 18きっぷ 朝井リョウ

朝井リョウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

18 きっぷを本棚に登録しているひと

ツイートする