戦旗 大坂の陣 最後の二日間

著者 : 松永弘高
  • 朝日新聞出版 (2016年1月7日発売)
3.50
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 21人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022513489

作品紹介

慶長二十(一六一五)年五月七日-真田幸村は、死中に活を求めて家康本陣めがけて攻め込んだ!己の死に場所を求めて奮戦する猛将・後藤又兵衛、大坂方最後の砦・毛利勝永ら強兵どもと、対する徳川方の独眼竜・伊達政宗、戦の寵児・水野勝成、家康の外孫・松平忠明-。第六回朝日時代小説大賞優秀作『決戦!熊本城』で大注目の新鋭による書き下ろし長篇時代小説。

戦旗 大坂の陣 最後の二日間の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おそらくこの戦が終わったら当面大きな戦はないので、ここで手柄をたてて褒美をもらいたい徳川方の武将。もう後がないし、どうせ負けるけど失うものはないから思いっきり暴れるぜという豊臣方の武将。教科書には絶対出てこない心理戦が歴史モノの醍醐味。しかし伊達正宗って朝鮮出兵のときも九州まで行ってるのに大坂の陣にも登場。出張の多い人生だったんだな。

  • とにかくですね、みんなかっこいい。
    徳川方も、豊臣方も。もちろん真田以外も活躍します。
    ちょっとかっこよすぎるんでないかと思わなくもないですが、それがいい。
    特定の誰かをもちあげるために、他の誰かをコケにするってのが苦手なので、
    そういうのがいいんです。

全2件中 1 - 2件を表示

戦旗 大坂の陣 最後の二日間のその他の作品

戦旗 大坂の陣 最後の二日間 オンデマンド (ペーパーバック) 戦旗 大坂の陣 最後の二日間 松永弘高

松永弘高の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

戦旗 大坂の陣 最後の二日間はこんな本です

ツイートする