ルポ シリコンバレーで起きている本当のこと

著者 : 宮地ゆう
  • 朝日新聞出版 (2016年8月5日発売)
3.58
  • (4)
  • (17)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :111
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022513991

ルポ シリコンバレーで起きている本当のことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高校の同級生が読後記を書いているのを見て、気になった本。
    なんだかんだで新しいコトが始まる場所であるシリコンバレー。その光と影と、表と裏を朝日新聞の現地支局長が朝日新聞デジタル連載の内容をもとにまとめたもの。
    IT企業とスタートアップ。日本企業はどう付き合っていくのか。って、そもそも日本企業って枠で考えていること自体がナンセンスなんだろうな。

  • シリコンバレー関連の本を読んで見たくて借りて見た本。
    この他の本でこのようなシリコンバレーで起きていることを書いている本はないと思う。
    読んで良かった本。

  • 久々の読書(笑)。昨年夏に発行されているので、若干情報の古くなってしまった部分もあるが、やはり情報は常に取り入れておかないと。

  • 富裕層と貧困層の格差、革新的なサービスがもたらす既存の仕組みとの衝突など、シリコンバレーの影の部分に焦点をあてたドキュメント。アメリカ社会の縮図ともいえる状況で、興味深く読みました。

  • シリコンバレーで起きているテクノロジーによる変化が、政治、経済の面でどんな影響を与えているのか、よく分かる内容でした。

  • 普段あまり語られていない、シリコンバレーの裏話についての本。
    盛り上がっている町ではあるけど、その分、ホームレスも多いんだとか。なんでも、家賃がやけにたかいらしい。そのうえ、シリコンバレーの大企業は税金逃れしてることが多いから、自治体は財政難なのだとか。これは結構ひどいなぁ。
    後、アマゾンのブラック企業話は、この本にもあるとおり、たしかに日本なら結構ありそうと思ってしまった。ただ正直、「上司に同僚についての告げ口をするよう言われている」というのはわけがわからない。
    驚いたのが、最近の大手IT企業、例えばマイクロソフトやグーグルやアドビやノキアやマスターカードのトップのCEOはみんなインド出身という話。昔、インドのバンガロールという町がインドのシリコンバレーと呼ばれていると聞いたことがあるけど、そんなにすごい人がでるような国になってたのか。調べてみたら、今のソフトバンクの副社長もインド人だった。
    他にもいろいろ面白い話も多かったし、著者の意見にも同意できるところも多かったのだけど、シリコンバレーの企業によって私たちの生活が劇的に便利になってきたという話から、「そういう意味では一理あるのだが、それが会社の莫大な利益に結びついていることへの違和感は拭いがたいものがあるのも現実だ。」という意見には違和感。劇的に便利にしてくれるような会社なら、そりゃ莫大な利益を稼いでもいいと思うのだけど。
    後、面白かったのが、カリフォルニアの刑務所ではプログラミング講座を導入していて、起業を目指しているという人もいるという話。そんな人まで起業を目指すようになってるのか。ある意味で夢があるよなぁ。まあ、プログラミングだったら刑務所に入りながらもできることだし、それで生きていけるならそれはそれでありなような気もする。

  • スタートアップカンパニーがひしめく活気ある場所、というだけではないシリコンバレーの実態を垣間見れる

  • 「起業は、もはやポップカルチャーのようなもの。」
    起業は音楽を聴き、スポーツをするように、「文化」の1つになりつつある。

  • シリコンバレーは実は貧富の差がものすごく激しい場所だっととは知らなかった

全15件中 1 - 10件を表示

ルポ シリコンバレーで起きている本当のことのその他の作品

宮地ゆうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

ルポ シリコンバレーで起きている本当のことはこんな本です

ルポ シリコンバレーで起きている本当のことを本棚に登録しているひと

ツイートする