三谷幸喜のありふれた生活14 いくさ上手

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.60
  • (5)
  • (23)
  • (19)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022514004

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】「面倒ジジイ」へ一直線!? 50歳を超えても脚本家は日々戸惑ってばかり! 時代劇について、キャストについて、NHK大河ドラマ「真田丸」への思いとは? 連載800回を超えた朝日新聞の名物連載、単行本化第14弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 家族の事がもう少しほしいなぁ

  • 三谷幸喜のエッセイ最新作。
    「オリエント急行の殺人」はリアルタイムで見ました。
    「真田丸」は見てなかったけど、ネットとかで話題はチェックしていたのでなんとなく。
    真田丸ネタはどっちかというと次の巻の方が面白いかも。
    発売まだですがw

    しかし、息子さんのネタは普通に書くのに、「諸事情あってEテレを観る事が多い」(P.117)とか、「諸事情あって、僕は今、一歳児が喜ぶおもちゃに関して、かなり詳しい」(P.217)とか、派生するネタを書く時のこの表現は何なのか(笑)。

    SMAP解散についての言及は、多分三谷氏にしか書けないコメント。

  • 舞台「紫式部ダイアリー」「吉良ですがなにか?」、ドラマ「オリエント急行」の執筆、舞台「田茂神家の一族」「burst!」、「ギャラクシー街道」撮影から公開、「真田丸」執筆中で放送開始3ヶ月頃、という時期。ペットの話が減り1歳半頃のお子さんの話題が増えた。巻末に松村邦洋さんとの大河フリーク対談。

    「黙れ小童!」は「風と雲と虹と」の露口茂さんリスペクトだったそうな。
    JSHCの賞を受賞して大会でスピーチした回も収録。

  • 朝日新聞2014年10月9日〜2016年5月12日掲載分

    「真田丸」が面白かったからこの巻は楽しみだった。私は信繁でなく信之ファンなので、大泉洋の扱いがイマイチ不満だったのだが、どうやら三谷幸喜と私の信之像が違っていたのだから仕方ない...ということが分かった。

    ブログでもエッセイでもなんでも、子供と犬が中心になるのは、女性だけではないのですね。差し障りがないし、書いている本人が興味あることだもんね。でも、他人の子供とペットの話ほどつまらない話はないんだけどねえ。

  • 三谷幸喜さんの近年(2014年~2016年)の新聞連載エッセイをまとめた作品。「真田丸」や「ギャラクシー街道」に関する秘話がいっぱいだった。

  • シリーズ14作。大河ドラマ真田丸の執筆している時期の話。あまり積極的に取り上げていないのだろうが、時折り出てくる子供の話が、微笑ましいようなやっぱり似合わないような。

  • 大河ドラマ2回目、離婚、再婚を経て、愛犬をなくし、息子さんを授かった今のこと。もうこのシリーズも14冊目なのですね。短いエッセイだけど、毎回うまくまとまっているのに唸ってしまいます。
    地方にいると、残念ながら、三谷さんの舞台を見る機会はまずない。それでも舞台の事を書いた回を読むと楽しい。トリビアな話題にもついていけないけど、それも知ることは楽しい。とんでもない昔の(まだ生まれてない頃)の映画まで。詳しすぎます。

  • 914.6

  • 大河ドラマ「真田丸」の裏話がいろいろあって、とても面白かった。
    真田パパ、豊臣秀次、本能寺や関ケ原の描き方など、視聴者に強く支持された点は、オンエア前の時点で、ご本人も意識していたことなんだなぁ、とか。
    全部見終わった今だからこそ、オンエア前の情報が味わい深いというか、興味深い。

  • まず、何のための柄なのか、それを考えてほしい。

全21件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1961年東京生。劇作家・脚本家・映画監督として幅広く活躍中。現在、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」執筆に加え、脚本・監督を担当した映画「ギャラクシー街道」公開を10月24日に控え、多忙な日々を送る。

三谷幸喜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする