江戸を造った男

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.98
  • (16)
  • (32)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 187
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022514097

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】七兵衛(後の河村瑞賢)は、明暦大火の材木買い占めで巨万の利益を得る。やがて日本列島の航路開設や治水・鉱山採掘などの大事業を次々と成功させていく……。新井白石をして「天下に並ぶ者がない富商」と称賛された男の生涯を描く長篇時代小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高田屋嘉兵衛は海商だから分かるけど、この時代に国(藩)をまたいで終生活躍する政商なる者がいたのには驚いた。我が郷土にも清原太兵衛とか周藤弥兵衛とかの公人、私人が治水に挑む土木工事で功名を得るが、河村屋七兵衛のスケールは凄まじい。城米廻漕、治水、灌漑、鉱山採掘などなど、ことごとく成果を収める。難事業の数々だが、工事はもとより、複雑な利害関係を調整するその手腕がいかに優れていたかを教える。幕命によるいずれの公共事業も、齢50を超えて携わり、82歳で逝く間際まで仕事を請け続けたというから、高齢化社会で憂いに沈んではいられない。

  • 河村瑞賢と言えば、高校生の時、日本史の問題集で東廻航路・西廻航路とセットでおぼえさせられたくらいで、ほとんど知らない。
    そしていつも私は角倉了以(高瀬川や天竜川などの開削をした商人)と河村瑞賢がごっちゃになるのだった。

    河村瑞賢もまた商人で、幼いころ紀州から江戸の口入屋に奉公に出された。
    主人が亡くなって店を辞めてから、彼は自分の才覚だけで生きていかねばならなくなった。

    欲しいものを、欲しい人が、欲しい形で提供する。
    今の世の中では当たり前のことだが、商売というものを論理的に考えることが今ほど当り前ではなかった当時、彼の目の付け所は当たるのだった。
    そうして霊厳島で材木商として店を構えるようになったころ、明暦の大火で店は全焼。
    なけなしの金を集めて瑞賢は考える。
    江戸の町に今必要なものは何か。

    雪に覆われ、道すらも埋もれてしまった木曾の山の奥に、瑞賢は木材を買いに行く。
    そしてそれで得た金で米を買って、焼け出された人たちに振る舞った。
    もちろん個人の財産で出来る事などたかが知れている。
    しかしその行いを聞いた人たちが、幕府に納品した米の残りを瑞賢のところへ届けるようになる。
    幕府に渡したところで、武士にしか行き渡らないことを皆知っていたから。

    当時の幕府の中枢は、保科正之。
    秀忠の隠し子で苦労しただけあって民政に長けた人である。
    災害に強い街づくりの前に、野ざらしになっている遺骸を始末しないと悪疾が蔓延し、生き残った者たちの命まで奪われます、と直訴した瑞賢にその事業を一任し、そしてここから瑞賢と幕府のつながりが始まるのである。

    増え続ける江戸の庶民に食料がいきわたるように、産地から江戸への航路を造り、推理が悪いために米が作れない越後に用水路を造り、川の氾濫に悩まされる大阪で治水工事をし、新潟の銀山の採掘に尽力する。

    瑞賢がやるのは、道筋を造ることだ。
    航路を造るということは、安全な港を見極め、積み荷の検査所や、陸を示す火をともす場所(灯台のようなもの)を造ったり、悪天候の時に船を休ませる溜りを造ったり…まあ、いろいろだ。
    潮の流れを知り、季節ごとの雨風を知り、難所の航海に詳しい人たちを知り…まあ、いろいろ考えなければならない。
    出来上がった道筋からは、瑞賢は身を引く。
    必要な人を必要なところに配置できるのも、瑞賢の才の一つだ。

    “人に「働け」と命じても、人は働かない。心地よく働く仕組みや状況を作ってやれば、人は自ずと働く。”

    江戸を造った男、河村瑞賢は、江戸城を造ったわけでも、江戸の町を造ったわけでもない。
    江戸幕府が民を安んじるための、つまり経世済民の基礎をつくったのだ。

    公共工事をして終わり、ではなく、その先を見据えた仕事。
    今目の前にある利ではなく、その先に大きな利となることを、自分だけの為ではなく、社会のためにできた男。
    それが、河村瑞賢。
    ということを、あっという間に500ページを読み終えてしまうくらいの勢いで読ませてくれた。
    とても読みやすくて、伝記のような内容なのに、ずっと心がわくわくしていた。

    よし、これでもう河村瑞賢と角倉了以を間違えることはないだろう。
    たぶん。
    しばらくは。

  • めっちゃ面白い。
    タイトルに引っ張られる感はありますが、江戸をと言うより、国を造ったと言っても過言じゃないかも。
    ものすごく勉強になったのは、人間は安きに流れやすいのに、何とかしてやろうと思い詰めるほど考えて、考えて、考えて、やり抜くのは大切なこと。
    今一度自分のやってることを振り返らねばと思った次第。

  • 材木商でありながら、巨大公共事業に何度もかかわった、河村屋七兵衛(河村瑞賢)の生涯を描く。読み応えのある時代小説でした。
    スケールが大きく、現代も恩恵を受けているような案件ばかりで、その功績の偉大さに、ただただ驚くばかり。
    かかわる者たちみんなが意欲を高められる工夫をし、結果として、事業の成功へとつながっていく。
    事業運営者としての優秀さ、人柄のすばらしさを感じられる物語でした。
    まさに、経世済民。

  • 河村瑞賢のおはなし。経世済民の具体例。江戸という100万都市を可能にする流通システムを作り上げた男の仕事人生。

     振袖火事で燃え尽きた江戸を復興していくところから始まるところが良かったんだろう。建て増するより、更地になったところから都市計画を作ったほうが良いものができる。江戸の復興を担った保科正之とか松平信綱とかの都市計画を支えたのはこういう実力をつけてきた商人たちだったんだよなぁ。


     経済規模の拡大ができる人ってのがポイント。歴史に名を残す商人になりたかったら、公共事業に私財を投入して、自分たちの市場を拡大して投資分を回収するのだ。現代の投資家であるビルゲイツとか孫正義もそういうことをしているよね。投資家の視点を江戸の商人で持っていた人がいるっていうことよね。

     新井白石とか保科正之とかビックネームが出てくるから楽しい。

     やっぱり日本は水が最大の敵だなぁ。水との闘い。それに立ち向かってきたものが世の中を革新してきた。そんな感じがある。

  •  書名から、徳川家康の頃の話かと思ったが、家綱、綱吉の時代に海運、治水に貢献した一商人の話だった。

     伊勢国から江戸に出てきて材木商人として一代を築いた河村屋七兵衛が、幕府からの命を受けて、東北地方の米を江戸に運ぶための東廻り・西廻りの航路を開拓することに挑み、苦心の末、成功する。
     安定して江戸に米が入ってくることで、市民の食べ物の心配が軽減され、幕府の統制力が強化される。まさに、市民が流入して興隆著しい江戸の基礎を磐石のものにしたと言えよう。『江戸を造った男』とはまさに言い得て妙だ。
     ところがこの話はほんの前段で、一商人に過ぎない七兵衛に幕府は次々と大きな仕事を依頼するようになる。氾濫が続いていた大坂の治水工事に続き、銀山の開発と、大プロジェクトの責任者に抜擢される。

     七兵衛の成功の秘訣は、見知らぬ土地でまず人々の信頼を得ると同時に、常識にとらわれずに知恵を絞り、また費用と工数を入念に計算して資金の算段をつける、という現代のプロジェクト・マネージメントに通じるものがある。

    「状況を見極め、対策を立て、段取りを決める。最後にそれを実行に移せば、自ずと事は成ります」(P.252)

    「何かがうまくいかない時は、必ずその大本(原因)を探るのです。そうすると必ずおかしな点が出てきます。それをつぶす作業を繰り返していけば、徐々に目論見の精度は上がっていくものです」(P.242)

     さらに、計画を立案するだけでなく自ら汗をかいて現地を見てまわり、そこで働く人々や生活する百姓たちに目を配り、資金が足りなくなれば自腹を切ってでも仕事を完遂させようとする。その姿におのずと評判があがり、人々が自然と応援してくれる、という人望の大切さも示している。現代のビジネスマンから見ると模範的なリーダー像なのではないか。

     河村屋七兵衛はその功績が幕府からたたえられて、異例なことに商人から武士に格上げされる。のちの河村瑞賢、教科書で名前だけ知っていた人物がこのような偉業を成し遂げていたことを初めて知った。

  • 材木商河村屋七兵衛は、大都市江戸のインフラとしての開運航路を開発し、淀川の治水工事、銀山開発などに一生を捧げる。知恵と根性で難局を乗り越えた男の物語。

  • 江戸初期の商人の河村瑞賢の物語。

    直前に門井慶喜の「家康、江戸を建てる」を読んだところでしたので、時代や登場人物やエピソードが重なるかと思いましたが、タイトルは似ているものの、時代は4代将軍家綱から5代将軍綱吉の時代で、河村瑞賢の一代記でした。前半は小説らしく、七兵衛(瑞賢)の過去と明暦大火後の現在を交互にラップさせる構成でよかったです。
    後半は幕府からの難題を、これまでの経験を生かして解決していく問題解決プロジェクトリーダー向けビジネス書であり、謙虚に崇高に生きる生き方指南書でした。
    そういう点で、七兵衛の功績は時系列的にもよく理解できて、歴史好きの自分としては、名前とメイン功績くらいしか知らなかった河村瑞賢の勉強にはなりましたが、小説としては物語に引き込まれるほど魅力的な登場人物や行動や思索がなかったのは残念でした。
    ともかく、タイトルは誤解を受けるような気がします。

  • 河村瑞賢という名前は覚えがあるが、一体何を成した人なのか。
    廻船航路開発、新田開発、治水、銀山平でゆかりがある、上田銀山の開削など、様々な事業を生み出し成功させてきたとてつもないパワーと発想、人をうまく使うことができる人だったと知ることができた。

  • 「海賊と呼ばれた男」の江戸版と考えれば大体間違ってない。「海賊」が2012年、本書が2015年である。

     江戸初期の政商、河村瑞賢の生涯を辿るドキュメンタリー経済小説という点も、出光創業者出光左三の生涯を辿る「海賊」に瓜二つである。
     そもそもこの河村瑞賢(現役時は七兵衛)と出光左三が裸一貫からのし上がったこと、他者が無理だと諦めるようなことをアイデア勝負で勝ち抜くこと、技術者を重用し、時には自身も現場で一緒に泥や油にまみれること、やがて政商となり時の権力者から重用されることなど類似点が多い。
     そして両者とも小説内では我欲の薄い、他者への温情溢れる人格者として描かれるが、別の資料を見ると案外そうでもないらしいとかいうところもそっくりである(まあこの手の実録系のご愛嬌といったところか)。

     瑞賢が江戸時代の流通や農業、鉱業を支えるインフラや手法、制度を作り上げたことは間違いないらしく、様々な資料に記録が残る。
     江戸時代には他にも紀伊国屋文左衛門など多くの豪商が登場するが、多くが数代限りで身を持ち崩している。晩年まで穏やかに暮らしたという点では堅実な人物だったようで、士族に格上げされた後は家を継いだ息子も商売を他者に譲り、河村家は普請方として土木建築工事の道へと進むことになる。三井や住友が堅実に商売を続けて明治維新後も財閥として生き残ったのとはまた違う経過である。

     純粋に小説として読むとわりと地味というか、このあたりは演出過多気味の「海賊」に軍配の上がる所だけれども、それでも当時の社会情勢などをある程度理解していれば、瑞賢の偉大さもまた良く理解できる。江戸時代の経済に興味を持つにはいい入口かもしれない。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。外資系企業に長らく勤務後、文筆業に転じる。『国を蹴った男』で吉川英治文学新人賞、『黒南風の海‐‐加藤清正「文禄・慶弔の役」異聞』で第1回本屋が選ぶ時代小説大賞、『義烈千秋 天狗党西へ』で歴史時代作家クラブ賞(作品賞)、『巨鯨の海』で山田風太郎賞と第1回高校生直木賞、『峠越え』で第20回中山義秀文学賞を受賞。『城を噛ませた男』『国を蹴った男』『巨鯨の海』『王になろうとした男』『天下人の茶』で5度、直木賞候補に。著書に『武田家滅亡』『天地雷動』など多数。

「2017年 『幕末雄藩列伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江戸を造った男のその他の作品

江戸を造った男 Kindle版 江戸を造った男 伊東潤

伊東潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

江戸を造った男を本棚に登録しているひと

ツイートする