がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022514356

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】がんとわかってショックを受けて落ち込むか、切り替えて前向きに日々を楽しめるかという「心のあり方」次第で、その後の予後が大きく変わってくることが明らかになってきた。聖路加国際病院で、がん患者の心のケアを専門にしてきた著者が、長生きする心の共通点を説く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • インデックス読むだけでも心が軽くなる気がしました。

  • 「がん」という言葉は誰もがネガティブなイメージを持ちますが、「がん」がむしろ人生をより良くしてくれるものだとしたら。

    人は死も病気も決して抗うことは出来ませんが、どのようにそれらと向き合うかを選ぶことは出来ます。

    これからはどんな病気でも心のケアというものはもっと大事になってくるような気がします。

全2件中 1 - 2件を表示

がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点のその他の作品

保坂隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点はこんな本です

がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点を本棚に登録しているひと

ツイートする